ハルジオン(春紫菀)
 ハルジオン(春紫菀)は、キク科ムカシヨモギ属の多年草です。北アメリカ原産で、日本の他、東アジアに分布します。1920年頃に園芸用途で渡来しました。その後の1950年代以降に逸出し、関東を中心に野生化し、勢力を拡大した帰化植物です。現在は全国に分布します。生態系被害防止外来種(旧要注意外来生物)に指定されています。名の由来は、在来種で秋咲き種のシオン(紫菀)に似ていて春に咲く事から。同じく在来種のヒメシオン〈姫紫菀〉があるので、区別の為「ジオン」とされています。似ている花にヒメジョオン(姫女菀)Stenactis annuus (L.) Cass.がありますが、ヒメジョオン属で、属が異なります。これらが混同して紛らわしい呼び方が増えています。英名は、Phyladelphia fleabane。

 キク科(Asteraceae Bercht. et J.Presl (1820))は、世界に約950属2万種が分布し、日本には約70属360種があります。Compositae Giseke, 1792は保留名。ムカシヨモギ属(Erigeron L. (1753))は世界で約250種あります。

 根が横に広がり、不定芽1)から発芽して繁茂します。花期にも根生葉が残ります。長楕円形またはヘラ形で翼のある葉柄があります。茎葉は無柄で、根生葉と同様に茎を抱きます。茎は灰白色の軟毛で覆われ直立します。これがムカシヨモギ属の学名(Erigeron=eri(早い)+geron(老人))の所以(ゆえん)です。茎の中身は中空で、ヒメジョオンのように髄がありません。従って、茎を切れば区別がつきます。感触に慣れれば、茎を押すだけで分かるようになります。中空の為、成長は極早く、草丈は30~80cm程になります。

 花期は4月から6月頃。蕾は淡紅紫色で、うな垂れ、開花時に上向きになります。頭花の直径は2~2.5cmで、中央の黄色い管状花と、周囲を取り巻く糸状になった舌状花の集合花です。これはキク科に多い特徴です。花色は個体によって淡紅紫色から白色までの濃淡があります。

 繁殖は根茎と種子によって行われます。虫媒花です。花粉は最大値で19.5×20μm程です。人によっては花粉症の原因ともなります。果実は痩果で、風・雨・動物・人間により散布されます。他の植物を排除するアレロパシー作用2)があります。この作用と、根からの繁殖が強い事と合わせて、農業では強雑草とされています。ロゼット3)で越冬します。染色体数は、2n=18。

1)不定芽(ふていが):
 側芽の生ずる箇所(定芽)以外の予期しない部分に生ずる芽(Adventitious bud)
2)アレロパシー(Allelopathy)作用:
 植物が放出する天然の化学物質(生理活性物質)が他の生物に、阻害的あるいは促進的(共栄的)な作用を及ぼすこと
3)ロゼット(Rosette):
 バラの花の形の事。「ロゼット葉」は地面に葉が広がり立ち上がらない状態を指す

Japanese common name : Haru-zion
e0038990_1650125.jpg
Erigeron philadelphicus L.
e0038990_16503830.jpg
花色は個体によって淡紅紫色から白色までの濃淡がある

e0038990_1651157.jpge0038990_16511619.jpg
左:茎は中空。茎葉は無柄で茎を抱く。 右:根生葉


ハルジオン(春紫菀)
キク科ムカシヨモギ属
学名:Erigeron philadelphicus L.
花期:4月~6月 多年草 草丈:30~80cm 花径:2~2.5cm

e0038990_1095350.gif

【学名解説】
Erigeron : eri(早い)+geron(老人)/ムカシヨモギ属
philadelphicus : 北米フィラデルフィアの
L. : Carl von Linne (1707-1778)

生態系被害防止外来種(旧要注意外来生物)
誤りやすい名前:ハルジョオン

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から7.50km 左岸河川敷 2006.04.25, 2006.04.28
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 27 April 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-04-27 00:00 | | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3315064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yun at 2006-04-27 20:39 x
ブログ拝見しました♪ぜひぜひ仲良くしてほしいです♪
Commented by brizu at 2006-04-28 10:02
ハルジオン、ヒメジオンって
なんともせつないですねぇ。
ごく普通にどこにでも見られるのに
だーれも注目してくれないなんて・・
もっとも人間にみられても彼らはなんとも思わないでしょうけど・・。
Commented by pianix at 2006-04-29 16:26
brizuさん
私は注目します。
ハルジオンにとっては、結構迷惑な存在かもしれません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アケビ(木通/通草) クサイチゴ(草苺) >>