マツバウンラン(松葉海蘭)
 マツバウンラン(松葉海蘭)は、オオバコ科マツバウンラン属の1~2年草です。北アメリカが原産です。日本では1941年に京都で発見され、西日本から広がった帰化植物です。現在では本州から九州にかけて自生分布します。名の由来は、松葉のような線形の葉を付け、在来種で海辺に咲く蘭のようなウンラン(海蘭)Linaria japonia Miq.の花に似ている事から。但し、蘭と名が付いていてもラン科ではありません。英名は、Blue toadflax。

 APG植物分類体系では、オオバコ科 (Plantaginaceae Juss. (1789)) で、約90属1700種が分布します。マツバウンラン属(Nuttallanthus D.A.Sutton, 1988)は、約270種が分布します。エングラー体系、クロンキスト体系では、ゴマノハグサ科(Scrophulariaceae Juss. (1789))で、世界に約220属3000種があり、ウンラン属(Linaria P. Miller, 1754)は、北半球に約150種が分布します。

 茎は束生1)し、細く無毛で、直立します。葉は多肉質で、幅1~2mmの線形で互生します。根元はロゼット状になります。花期は5月から6月。花茎を20~60cm程に伸ばし、3mm程の柄の先に青紫色の合弁花を総状花序に数個付けます。左右相称の唇形花で、上部が2裂、下部は3裂します。花弁の中央部に白色の隆起部分があります。

 果実は3mm程の球形をしていて、角ばった種子を出します。マツバウンランの細胞には銅イオンに対する耐性があるとの報告2)もあります。染色体数は、2n=12。

 静岡市でも、ここ数年の内に急速に勢力の拡大が見られ群生箇所が増えてきました。生育期間が11月から5月にかけてで、草刈り時期を逃れる事と、農家の方も可愛らしい風情を好み、残しておく事が多いのが原因のようです。

 よく似た種に、花が大型で花冠全体に筋模様があるオオマツバウンラン(大松葉海蘭)Nuttallanthus texanus (Scheele) D.A.Sutton があります。 

1)束生(そくせい):茎や花茎等が根ぎわから束になって付いていること、株立ちしていること(ascicled)
2)和田洋、西岡洋、熊谷哲「マツバウンランの重金属耐性について」第14回環境化学討論会 P240 (2005)

Japanese common name : Matuba-unran
e0038990_10574295.jpg
Nuttallanthus canadensis (L.) D.A.Sutton
e0038990_1058043.jpg
左:葉は多肉質で互生し、茎は束生する。

e0038990_10582130.jpge0038990_10583492.jpg
右:果実と種子


マツバウンラン(松葉海蘭)
オオバコ科マツバウンラン属
学名:Nuttallanthus canadensis (L.) D.A.Sutton
synonym : Linaria canadensis (L.) Dum.Cours.
花期:5月~6月 1~2年草 草丈:20~60cm 花冠長:7~10mm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Nuttallanthus : Nuttall*氏の+anthus(花)/マツバウンラン属
*Thomas Nuttall (1786-1859) /英国生まれで米国で活動した植物・動物学者
canadensis : カナダ(Canada)の
L. : Carl von Linne (1707-1778)
D.A.Sutton : David Andrew Sutton (1952-)
---
Linaria : linon(糸|アマ=亜麻)に似る事に由来の古名/ウンラン属
Dum.Cours. : George(s) Louis Marie Dumont de Courset (1746-1824)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から2.75km 右岸土手 2006.04.28
安倍川/河口から6.50km 左岸土手 2016.04.26, 2016.05.04
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

01 May 2006, 02 April 2016
Last modified: 27 April 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-05-01 00:00 | | Trackback(3) | Comments(9)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3345327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 環プロものづくり日記 at 2006-05-02 14:41
タイトル : 欅の緑
5月です。近所の欅の緑がきれいです。この通りは道幅も広く、公共施設や小学校が並んでいて、いつも整備され気持ちの良い道路です。大きな欅も似合って、朝夕にはジョギングやウオ-キングの人そして小学生たちで賑わいます。けやきの根元にはつつじが咲き始めています。つつじの垣根の内側の庭をのぞくと、薄紫色のかわいい花がならんでいました。下の写真は小学校正門にある花一杯の花壇です。今年も小学校花壇コンクールで最優秀賞でした。いつも校長先生がお花を世話しています。お水をあげて...... more
Tracked from ポビーの日記 at 2006-05-03 00:23
タイトル : 身近に感じる初夏の草木
今回は、写真の羅列です。   ↑ (実は花の名や植物名が判らないのです。) 四枚目の写真は、廃線になった鉄道の線路の枕木周辺に、可憐に咲く花です。 (5月2日後記)四枚目の植物名が判明しました。マツバウンランだと思います。学名は、Linaria canadensis (L.) Dum  (ゴマノハグサ科 ウンラン属)。北アメリカ原産で帰化植物。花期は5月から6月とのこと。 ■詳細写真へのリンク1 ■詳細写真へのリンク2 上記リンクの出典URLは、http://had0.big.ous...... more
Tracked from 環プロものづくり日記 at 2006-05-05 12:32
タイトル : オニタビラコ
先日、pianixさんからマツバウンランの隣に咲いている黄色い花はなんでしょう?との問いをいただきましたので、再度確認してきました。 キク科:オニタビラコ  高さ20~100センチになる1~越年草で、根生葉は ロゼット状になる。葉は倒披針形で羽状に深裂する。茎葉は少なくて上部では小さい。黄色の頭花は7~8ミリで多数つく。花期は5~10月、道端、畑に咲く。 良く見る花のように思いますが、名前は・・・?でした。 左はマツバウンランです。隣の小さい黄色い花がオニタビラコ。... more
Commented by canproyoshikawa at 2006-05-02 14:47
surugakiさんからこちらへうかがいました。先日撮った花の名前がわからずにいた所へ、こちらのブログに伺ってマツバウンランと判明しました。
私の撮った写真をTBさせていただきます。
尚、勝手ながらリンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。
Commented by mico at 2006-05-02 19:41 x
ご無沙汰してました。
マツバウンラン先日見かけて感動しました。
野の花好いですね。
Commented by pobby777 at 2006-05-03 00:24
はじめまして。トラックバックさせていただきました。
Commented by pianix at 2006-05-03 15:57
canproyoshikawaさん

はじめまして。
「環プロものづくり日記」を拝見しました。
こちらこそよろしくお願いいたします。
Commented by pianix at 2006-05-03 15:58
micoさん

ご無沙汰しています。お久しぶりですね。
「りんどうのつぶやき」を拝見しました。
相変わらずたくさんの花に囲まれていますね。
先日、micoさんを思い出し、
豪快な話を展開しているかなと想像していました。
私は変わりありませんが、毎日の用事をこなしていくと、
どうしても皆さんのHPやBlogを拝見する時間が持てません。
ご勘弁下さい。
Commented by pianix at 2006-05-03 15:58
pobby777さん

「ポビーの日記」を拝見しました。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by pobby777 at 2006-05-03 21:36
当方へのコメントありがウございました。
素敵で綺麗な花の写真がいっぱいで心が洗われます。
Commented by canproyoshikawa at 2006-05-05 12:35
マツバウンランの隣の小さい黄色い花はオニタビラコでした。TBさせていただきました。
Commented by pianix at 2006-05-05 17:55
canproyoshikawaさん
私が余分な興味を抱いた為に、ご苦労をお掛けしました。
毎日のようにオニタビラコを撮影しているのですが、ご多分に漏れず今日も撮ってきました。
モニャモニャとたくさんの小花が付くので、まともに写らず、ホツ写真が貯まります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ワスレナグサ(忘れな草/勿忘草) アメリカフウロ(亜米利加風露) >>