ヒトツバタゴ(一つ葉田子)
 ヒトツバタゴ(一つ葉田子)は、モクセイ科ヒトツバタゴ属の落葉高木です。中国、台湾、朝鮮半島、日本に分布します。国内では限られた地域(長崎県対馬市、岐阜県、愛知県、長野県の木曽川流域)に自生地する在来種で、隔離分布します。自生地である対馬市上対馬町鰐浦のヒトツバタゴは3000本以上を数え、1928年に国の天然記念物に指定されました。他の地域のものは植栽されたものです。

 名の由来は、「一つ葉のトネリコ(タゴ)」から。1825年に植物学者の水谷豊文が命名しました。本州中部以北に生育するトリネコ(サトトネリコ)が複葉なのに対し、本種は単葉である事から。通称のナンジャモンジャの名で親しまれています。英名はSnow Flower、あるいはSnow Blossom。

 モクセイ科(Oleaceae Hoffmanns. & Link (1809))は世界の熱帯から温帯にかけて、約27属600種が分布します。日本には6属(イボタノキ属、トネリコ属、ハシドイ属、モクセイ属、ヒトツバタゴ属(Chionanthus L. (1753))、レンギョウ属)があります。

 幹は直立して分枝します。葉は対生します。葉柄が長く、4~10cm程の長楕円形から広卵形で、全縁(鋸歯が無い)です。枝先に5~8cmの円錐花序を作り、樹冠全体を被うようになります。その様子から俗称「雪の花」とも呼ばれます。花は白色の合弁花(管状花)で、花弁が深く4つに裂け、15~20mm程の細いヘラ形となります。香気(微香)があります。雄株両性花異株です。つまり、両性花と雄株(雄性花)があり、雌株はありません。果実は8~10mm程の核果で熟すと紫黒色になります。種子は縦に皺がある尖頭楕円体です。染色体数は、2n=92。

★ ★ ★

 静岡市葵区にある城北公園には、花時計を囲むように86本のヒトツバタゴ(一つ葉田子)が咲いています。一般には、ナンジャモンジャの名称で知られています。そこにある掲示板には、次のように記されています。

「ヒトツバタゴ 別名なんじゃもんじゃ モクセイ科」
 日本では長崎県対馬市、岐阜県、愛知県、長野県の木曽川流域にのみ自生し、高さ二十メートルほどにもなる落葉木です。花は五月の始め頃に白い清楚な花が咲き雪をかぶったように見えます。現在、自生木は減少し環境省が発行しているレッドデータブックには「絶滅危惧種II類(VU)」に指定されている希少木です。
 公園内の木は昭和五十九年明治神宮外苑と岐阜県瑞浪市の篤志家からお譲りいただきました。

「なんじゃもんじゃ」の名の由来
 この不思議な名の由来は、通説として水戸黄門(光圀)が、参勤交代の途次に下総神崎(千葉県神崎町)の神埼神社に参詣され、社殿横にある大木(御神木)をご覧になり、「この木はなんじゃ」と尋ねられた。土地の人は聞き取れず「なんじゃもんじゃ」と問い返した所、黄門は木の名と思い「なんじゃもんじゃであるか」といわれた。以来この御神木を「なんじゃもんじゃ」と呼び、大切に保護をしてきた。他説では、神社、仏閣にある御神木・尊い木と、その地方で見慣れぬ種類の大木を「なんじゃもんじゃ」とよんでいる。
(以上原文のまま)

Japanese common name : Hitotuba-Tago (Nanja-Monja)
e0038990_17145823.jpg
Chionanthus retusa Lindl. et Paxton

e0038990_17151163.jpge0038990_17152140.jpg

e0038990_17155749.jpg
学名の通りに雪が積もったように見える。2010.05.12
e0038990_17161974.jpg
2010.05.12

e0038990_17163840.jpge0038990_17164887.jpg
左:樹形     右:樹皮
e0038990_1717152.jpg
葉裏 葉脈上に細かな毛がある
e0038990_201518.jpg
果実は核果


ヒトツバタゴ(一つ葉田子)
別名:ナンジャモンジャ
モクセイ科ヒトツバタゴ属
学名:Chionanthus retusa Lindl. et Paxton
花期:5月~6月 落葉高木 樹高:15~20m 花序:5~8cm 果期:10月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Chionanthus : chion(雪)+anthos(花)/ヒトツバタゴ属
retusa : retusus(微凹形の)
Lindl. : John Lindley (1799-1865)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&に同じ)
Paxton : Joseph Paxton (1803-1865)

撮影地:静岡県静岡市
葵区/城北公園(植栽) 2006.05.09, 2010.05.12
賤機山 2017.07.12

9 May 2006, 12 May 2010
Last modified: 12 July 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-05-09 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3399973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by canproyoshikawa at 2006-05-12 21:34
アップの写真が美しいですね!私も先日、見てきましたし、写真も撮ってきましたが、雨上がりということもあって花がうなだれていましたので、こんなにきれいな印象はありませんでした。pianixさんの写真の腕で「なんじゃもんじゃ」も好印象度、大幅アップです。
Commented by pianix at 2006-05-13 14:59
canproyoshikawaさん
canproyoshikawaさんの写真も拝見しました。
最近は曇り空が多いのでパッとしませんね。
花時計は故障中ですし。
お褒めいただいて光栄なのですが、何故こんな写真になってしまうのかなと不満がくすぶっています。
canproyoshikawaさんの雰囲気のある写真にはほど遠いです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ニガナ(苦菜) オキナグサ(翁草) >>