トウバナ(塔花)
 トウバナ(塔花)は、シソ科トウバナ属の多年草です。日本全国に分布する在来種です。国外では朝鮮半島、中国に分布します。名の由来は、花穂が重なり合って伸びる様子を塔に見立てたもの。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。トウバナ属はオドリコソウ亜科に含まれ、北半球の暖帯から温帯にかけて約50種が分布します。

 茎は細く四角形で微細毛があり、束生します。赤褐色を帯びます。下部は地を這い、途中で立ち上がり草丈10~30cmになります。葉は対生します。葉柄があり、卵形あるいは狭卵形で浅い鋸歯があります。長さは10~30mmで、幅は10~20mm程です。枝先に花穂をつけ数段に輪生します。花は淡紅紫色の唇形花です。5裂した筒状合弁花で、花冠の長さは4~6mm、下唇は3裂します。萼は3~4mmで赤褐色を帯びます。雄しべは4本で長短の2本ずつがあります。両性花です。4分果を付けます。

 近縁種に、白花で萼に軟毛が密生するイヌトウバナ(犬塔花)Clinopodium micranthum (Regel) Haraがあります。間違えやすいものに、クルマバナ(車花)Clinopodium chinense (Benth.) O. Kuntze subsp. grandiflorum (Maxim.) Hara var. parviflorum (Kudo) Haraがあります。
山に多い、ミヤマトウバナ(深山塔花)Clinopodium sachalinense (Fr. Schm.) Koidz.や、白花のヤマトウバナ(山塔花)Clinopodium multicaule (Maxim.) O. Kuntzeもあります。

Japanese common name : Tou-bana
e0038990_17303496.jpg
Clinopodium gracile (Benth.) Kuntze
e0038990_17304494.jpg


トウバナ(塔花)
シソ科トウバナ属
学名:Clinopodium gracile (Benth.) Kuntze
花期:5月~8月 多年草 草丈:10~30cm 花冠長:4~6mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Clinopodium : cline(床・斜)+podion(小足)/トウバナ属
gracile : gracilentus(細長い・か弱い)
Benth. : George Bentham (1800-1884)
Kuntze : Carl Ernst Otto Kuntze (1843-1907)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.05.06
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 13 May 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-05-13 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3424118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by brizu at 2006-05-16 11:42
ご無沙汰しております。
しそ科の野草もたくさんありますね。
日本の道端には良く合いますね。
そのまま消えないで残っていて欲しいです。
Commented by pianix at 2006-05-16 15:30
brizuさん
これからの季節は、ハッカ、マルバハッカなどが出てきます。
ついでに、蚊まで出てきますから、虫除けに気を遣います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< コナスビ(小茄子) コバンソウ(小判草) >>