ハコネウツギ(箱根空木)
 ハコネウツギ(箱根空木)は、スイカズラ科タニウツギ属の落葉低木です。日本原産の在来種で、北海道南部から九州にかけての沿岸部に分布が見られます。その内で特に静岡県に多いとされています。本来の自生分布地の特定は困難のようです。名の由来は、産地と思われていた箱根を冠するウツギ(空木)から。実際には箱根の地名は誤認命名によるものです。ウツギの名は、茎が中空である事から。ちなみに、ウツギはユキノシタ科で、本種はスイカズラ科です。

 スイカズラ科(Caprifoliaceae Juss. (1789))は、北半球の温帯を主に約17属500種が分布します。タニウツギ属(Weigela Thunberg, 1780)は、北アメリカ・中国・朝鮮半島・日本に12種が分布し、日本には10種が自生します。

 樹高は、2~4mになります。枝の樹皮は灰黒色。葉は対生します。単鋸歯がある楕円形あるいは倒卵形で先端は尖鋭形、長さ5~15cm、幅は3~6cmです。8~15mmの葉柄があり、基部は広いくさび形。表は深緑色で裏は青味を帯び、ほぼ無毛ですが葉裏の脈には毛があります。

 花期は5月から6月頃。枝先や葉腋に集散花序を出し、2~8輪の花をつけます。鐘形漏斗状の花冠で、先端が5裂した合弁花です。長さ25~42mm、幅は23~33mm。初めは白色ですが淡紅から紅紫色に変化します。萼片は5個あり、長さ8~20mm、幅0.8~2.2mmの線状。長さ7~13mmの雄しべが5本、長さ23~30mmの雌しべ1本があります。果実は長さ2~3cmの朔果で、1.5mm程の種子は卵形で狭い翼があります。

 タニウツギ属植物の花弁にはアントシアニン(anthocyanin)と、フラボノイド(flavonoid)が含まれます(Chang 1997)。ハコネウツギにおいては、アントシアニン量が開花後の花弁で経時的に著しく増加して花色の変化をおこします。送粉昆虫1)は赤花よりも白花を選択的に訪花します(下川, 悟史 2012)。つまり、受粉が済んだ確率が高い赤花よりも、受粉前の白花に昆虫を誘導する花色の変化は、昆虫にとっては能率的であり、花数が多いハコネウツギにも無駄が無い生存上の戦略であると言えます。

 品種(forma)として、白花で花色が変化しないシロバナハコネウツギ(白花箱根空木)Weigela coraeensis Thunb. f. alba (Voss) Rehder、初めから紅花を付けるベニバナハコネウツギ(紅花箱根空木)Weigela coraeensis Thunb. f. rubriflora Momiyamaがあります。
 ハコネウツギと酷似した、山地性のニシキウツギ(二色空木)Weigela decora (Nakai) Nakai があり、これにも品種として、シロバナニシキウツギ(白花二色空木)Weigela decora (Nakai) Nakai f. nivea Sugim. 、ベニバナニシキウツギ(紅花二色空木)Weigela decora (Nakai) Nakai f. unicolor (Nakai) H.Hara があります。また、変種のアマギニシキウツギ(天城二色空木)Weigela decora (Nakai) Nakai var. amagiensis (Nakai) H.Hara f. bicolor Sugim. や、交雑種のハコネニシキウツギ(箱根二色空木)Weigela x hakonensis Nakai もあります。

1)送粉昆虫は、主にコマルハナバチ(小丸花蜂)Bombus ardens (Smith, 1879)と、ジャコウアゲハ(麝香揚羽)Atrophaneura alcinous (Klug, 1836)。

参考文献:
タニウツギ属植物における花色変化の機構と生物学的意義の解明(下川, 悟史 2012)
Flora of Japan, Hakone-utsugi. H.Ohba

Japanese common name : Hakone-utugi
e0038990_23382381.jpg
Weigela coraeensis Thunb.
e0038990_23385196.jpg
白花が若く、時間が経つと赤花へと変化する。

☆  ☆  ☆

e0038990_23391075.jpge0038990_23392349.jpg
シロバナハコネウツギ(白花箱根空木)
Weigela coraeensis Thunb. f. alba (Voss) Rehder

e0038990_2339424.jpge0038990_23395381.jpg
左:咲き始め 花は赤くならずに終わる


ハコネウツギ(箱根空木)
スイカズラ科タニウツギ属
学名:Weigela coraeensis Thunb.
花期:5月~6月 落葉低木 樹高:2~5m 花径:2~3cm 果期:9~12月

e0038990_2122812.gif

【学名解説】
Weigela : Christian Ehrenfried von Weigel (1748-1831)に因む/タニウツギ属
coraeensis : koreensis(朝鮮産の・高麗から来た)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
---
シロバナハコネウツギ(白花箱根空木)
f. : forma(品種)
alba : albus(白色の)
Voss: Andreas Voss (1857-1924)
Rehder : Alfred Rehder (1863-1949)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から11.50km 左岸土手(植栽) 2006.05.24
満観峰(Alt. 470m) 2015.05.21, 2015.06.13
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

26 May 2006, 17 May 2015
Last modified: 19 June 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-05-26 00:00 | | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3514078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 駿河木の家日記 at 2006-05-30 09:15
タイトル : 庭の花2006(その1)・・・ハコネウツギ(箱根空木)
白から赤紫へ 自宅の庭に咲く花の中で、白から赤紫に変化していく花が、ハコネウツギ(箱根空木)で、逆に青紫から白に変化 する花がニオイバンマツリです。今回は、二つの花を観察してみました。 (その1)は、ハコネウツギについての報告です。自宅の花は、白、薄桃色、赤紫色の三色が、一緒に咲いて います。蕾は真っ白で、花が開き出すと少しづつ薄桃色になり、完全に開花した時には、赤紫色になります。 スイカズラ科タニウツギ属の植物です。スイカズラは、先日、このブログでも紹介させていただきました。 (スイカズ...... more
Commented by surugaki at 2006-05-30 09:14
自宅でもハコネウツギが満開です。先日、ブログにアップしましたが、その後、
近所の山で、背丈が3m以上もある巨大な木を見つけました。それで、ハコネウツギが
樹木ということを実感しました。自宅のハコネウツギをTBさせていただきました。
Commented by pianix at 2006-05-31 14:08
surugakiさん
ブログのハコネウツギ、拝見しました。
近所の山にハコネウツギがあったようで、植生か自生かの興味も沸きますね。
Commented by ゼンゼロ at 2008-06-02 19:19 x
yahooで自然観察を中心にブログをやっているゼンゼロと申します。初めまして。このたびハコネウツギについて調べているところこの記事に辿り着きました。説明が細かく記事作成までに大変に参考になりました。なお、記事は明日6/3の記事としてアップする予定です。今後ともよろしくお願いします。
Commented by pianix at 2008-06-03 13:59
ゼンゼロさん、こんにちは。
「Zen-Zero の 駿東日誌」を拝見しました。
今後ともよろしくお願いいたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ツマグロオオヨコバイ(褄黒大横這) チチコグサ(父子草) >>