オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草)
 オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草)は、ナデシコ科ミミナグサ属の1年草(越年草)です。ヨーロッパが原産で、北アフリカ・アジア・オセアニア・南北アメリカにも分布します。国内では、1910年頃に横浜で牧野富太郎博士によって確認された帰化植物です。非意図的移入とされています。本州から沖縄にかけて分布します。

 名の由来は、在来種のミミナグサ(耳菜草)1)に対する外来種であり、舶来との意味で使われたオランダを冠したもの。「耳」は、向かい合う葉が鼠の耳に似ている事からで、「菜」は食用であったからです。英名は、Mouse-eared chickweed。

 ナデシコ科(Caryophyllaceae Juss. (1789))は、熱帯から寒帯まで約75属2000種が分布します。ミミナグサ属(Cerastium L. (1753))は世界に60種があり、日本に5種が自生しています。

 茎は根本で分枝して叢生します。紫褐色を帯びる事があり、灰黄色の粘着性のある毛で被われています。草丈は10~60cmになります。葉は対生します。茎葉は淡緑色です。葉柄が無く、長さ7~20mmの長楕円形で全縁、先端が尖り、軟毛と腺毛があります。

 花期は3月から6月。茎先に集散花序を付けます。5mm程の短い花柄を出し白色の花が密集します。一般的に、花柄は萼片より短いと表現されます。在来種のミミナグサは茎が紫褐色を帯び、花柄が10mm程と長く、花はまばらに付きます。花径7~8mmで、花弁は5枚あり、先端は浅く2裂します。萼片は緑色で5枚。雄しべは10本。花柱は5裂します。果実は蒴果です。円筒形で、先が裂けて黄色の種子を散布します。染色体数は、2n=72。

★  ★  ★

 野草を観察していた私に、老婦人が花を手にして尋ねてきました。「これはハコベかしら」「残念ながらオランダミミナグサですね」。老婦人は初めて耳にする花の名前を忘れないようにと、何度もオランダミミナグサと繰り返しつぶやき、残念そうな様子は全くなく喜んでいました。花と名前が一致した瞬間というのは、それが何であれ嬉しいものだという印象を受けました。おばあちゃん、来年もオランダミミナグサを見ようね。

 1) Cerastium fontanum Baumg. subsp. vulgare (Hartm.) Greuter et Burdet var. angustifolium (Franch.) H.Hara

Japanese common name : Oranda-miminagusa
e0038990_16145819.jpg
Cerastium glomeratum Thuill.
e0038990_1615194.jpg
対生する葉が鼠の耳に似ていて、花弁先端は浅く2裂する。


オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草)
別名:アオミミナグサ(青耳菜草)
ナデシコ科ミミナグサ属
学名:Cerastium glomeratum Thuill.
花期:3月~6月 1年草(越年草) 草丈:15~25cm 花径:7~8mm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Cerastium : cerastes(角状の)|蒴果形状から/ミミナグサ属
glomeratum : glomeratus(集まった・球状になった)
Thuill. : Jean Louis Thuillier(1757-1822)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9.25km右岸河川敷 2006.04.24
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

11 August 2012
Last modified: 13 April 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-06-06 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3583778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヤグルマギク(矢車菊) アメリカシャクナゲ(亜米利加石楠花) >>