テリハノイバラ(照葉野茨)
 テリハノイバラ(照葉野茨)は、バラ科バラ属の落葉低木です。朝鮮半島、中国、日本に分布します。日本では、福島県以南の本州・四国・九州・沖縄に分布します。名は、葉に光沢があるノイバラ(野茨)の意味。別名のハイイバラ(這茨)は、匍匐性である事から。イバラ(茨)は、棘のある低木の総称で、省略してバラとなったと言われています。「薔薇」は漢名で、ソウビと読まれていました。薔薇は茨城県の県花で、字の如く、茨で城を築いた事に由来します。英名は、Memorial Rose。

 バラ科(Rosaceae Juss. (1789))は、ほぼ全ての大陸(南極を除く)に、107属3100種が分布します。バラ属(Rosa L. (1753))は、北半球の亜寒帯から熱帯山地に約200種の野生種があり、日本には11種と3変種の野生種が存在します。園芸品種は10000以上があります。

 茎は、匍匐性で地を這って伸び、枝分かれします。緑色あるいは赤褐色で無毛、鉤状の棘があります。葉は互生します。奇数羽状複葉で、小葉は2~4対で5~9枚あります。広倒卵形から倒卵状楕円形で長さ1~2cm。表面は濃緑色、裏面は淡緑色で両面とも光沢があり無毛です。鋸歯があり、葉先は鈍頭。葉柄の基部に托葉があります。

 花期は6月から7月頃で、枝先に1から数個、白色の5弁花を円錐花序につけます。花弁は先端がへこむ倒卵形。平開し、直径30~35mm。萼片は5個で卵形。雄しべは多数、花柱は白色の毛があります。

 果実は偽果です。偽果とは、花床や花軸など子房以外の部分が加わってできている果実の事で、子房だけが発達したものを真果と呼んで区別します。径6~8mmの卵球形で熟すと赤くなります。生薬エイジツ(営実)の代用として使われます。挿し木で容易に発根します。接ぎ木の台木として使われ、蔓性園芸薔薇の元になっています。

Japanese common name : Teriha-noibara
e0038990_10405145.jpg
Rosa luciae Rochebr. et Franch. ex Crèp.

e0038990_1041446.jpge0038990_10411853.jpg
左:(480x640/37kb)            右: (480x640/28kb)
e0038990_10413587.jpg
ピンク種


テリハノイバラ(照葉野茨)
別名:ハイイバラ(這茨)
バラ科バラ属
学名:Rosa luciae Rochebr. et Franch. ex Crèp.
synonym : Rosa wichuraiana Crèp.
花期:6月~7月 落葉低木 樹高:15~50cm 花径:30~35mm 果期:10~11月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Rosa : ギリシャ語のrhodon(バラ)、ケルト語のrhodd(赤色)に由来/バラ属
Luciae : Paul Amedee Ludovic Savatier (1830-1891)の婦人、栽培家Luciaの
Rochebr. : Alphonse Tremeau de Rochebrune (1834-1912)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Franch. : Adrien Rene Franchet (1834-1900)
ex : ~による
Crèp. : François Crépin (1830-1903)
---
wichuraiana : Max Ernst Wichura (1817-1866)の

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.06.14
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

19 June 2006
Last modified: 24 April 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-06-19 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3668886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< クチナシ(梔) ヒペリクム・ヒドコート(Hyp... >>