ナワシロイチゴ(苗代苺)
 ナワシロイチゴ(苗代苺)は、バラ科キイチゴ属の落葉小低木です。日本、朝鮮・中国等の東アジアに分布する小果樹類(Smallfruits)で、国内では北海道から沖縄まで分布する在来種です。名の由来は、苗代を用意する頃に花、あるいは実が熟す事から。別名のサツキイチゴ(五月苺)も同様。古くは野苺を伊知古と呼んでいました。英名は、Japanese raspberry。

 バラ科(Rosaceae Jussi. (1789))は、ほぼ全ての大陸(南極を除く)に、107属3100種が分布します。キイチゴ属(Rubus L. (1753))は、北半球の寒帯から温帯地方に多く、南半球の熱帯山岳地区、北極圏と太平洋の島々にも分布し、400~500種あります。日本には8亜属70種が自生します。耐寒性があるラズベリー(Raspberry)の近縁種です。

 茎は地を這い、接地した所々から根を出し、栄養繁殖します。茎には棘があります。1m以上に伸びることがあり、花茎を5~30cmに立ち上げます。葉は互生します。奇数羽状複葉で、花枝では3出複葉、徒長する枝では5出複葉になります。小葉は2~4cmの菱形状倒卵形で、1)欠刻状重鋸歯があり、葉先は円頭。葉裏は灰白色の綿毛が密生します。葉柄の長さは2~5cm、葉柄の付け根には線形で5mm程の托葉があります。

 花期は5月から6月頃。枝先や葉腋から花柄を枝分して集散花序を作ります。径15mm程の5枚の萼片があり、平開して反り返ります。花は、淡紅紫色で6~7mmの倒卵形の花弁5枚が上向きに立ち上がり、蕾状になります。この中に雄しべ多数があります。半開のままで平開しません。その後、花弁は落脱しますが萼片は残ります。果実は、直径約15mmの球形液果の集合果で濃赤色。食用となり、ジャムなどに利用されます。

1)欠刻重鋸歯(けっこく・じゅうきょし):葉脈の間の葉肉が欠けて切れ込みが生じ、大きな鋸歯にさらに小さな鋸歯が二重になっている葉の縁の状態

Japanese common name : Nawasiro-itigo
e0038990_19272865.jpg
Rubus parvifolius L.

e0038990_1927449.jpge0038990_19173633.jpg
▲ 果実は集合果


ナワシロイチゴ(苗代苺)
別名:サツキイチゴ(五月苺)
バラ科キイチゴ属
学名:Rubus parvifolius L.
花期:5月~6月 落葉小低木 樹高:5~30cm(蔓性50~100cm) 花径:1.5cm 果期:6月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Rubus : ruber(赤)/キイチゴ属
parvifolius : 小形の葉の
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.50km 左岸河川敷 2006.06.16
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 22 June 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-06-22 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3681036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by black-frog at 2006-06-22 22:51 x
こんばんは☆
小さい頃このような木苺を食べた記憶があります。
なんだか懐かしいです。

>茎は地を這い・・・
クローバーと一緒なんですね。
食べてばかりでどんな植物か見ていなかったことも思い出しました。(^-^;
Commented by pianix at 2006-06-23 19:15
black-frogさん

black-Bellyこと、齊藤です。
この種類は棘が多くて難儀しますね。
実を採るにも痛い思いをする事があります。
実際に採取して、綺麗に水洗いしてから食べてみました。
酸っぱかったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ミクリ(実栗) カノコガ(鹿子蛾) >>