スイレン(睡蓮)-熱帯性
 スイレンには温帯性と熱帯性があり、日本に多いのは温帯性で、屋外に咲いているスイレンがこれです。熱帯性は寒さに弱く管理が難しい反面、色のバリエーションが豊富です。また、熱帯性スイレンには昼咲きと夜咲きがあります。簡単な見分け方ですが、温帯性の花は水に浮くようにして咲き、熱帯性の花は水面から立ち上がって咲きます。

Japanese common name : Suiren
e0038990_18115748.jpg


スイレン(睡蓮)
和名:ヒツジグサ(未草)
スイレン科スイレン属
学名:Nnmphaea L cv. American Beauty
英名:water lily
花期: 6月~8月 多年草 花径:5~10cm

熱帯スイレン(Nymphaea Tropical Group)

撮影地:静岡県
伊豆の国市修善寺 2005.07.18
[Location : Izunokuni City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 23 July 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-07-23 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/368185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ナミアゲハ(並揚羽) ヒメウラナミジャノメ(姫裏波蛇目) >>