ミヤコグサ(都草)
 ミヤコグサ(都草)は、マメ科ミヤコグサ属の多年草です。東アジアの温帯(朝鮮・中国・ヒマラヤ)が原産です。国内では全土に分布する史前帰化植物です。名の由来は、奈良や京都の都周辺に咲いていたという説、ミャクコングサ(脈根草)が転訛したものとの説があります。英名は、Bird's foot trefoil。

 マメ科(Fabaceae Lindl. (1836))は、世界に約650属18,000種があり、日本には41属100種が自生します。ミヤコグサ属(Lotus L. (1753))は世界に約150種が分布します。

 茎は根元で分枝して地を這います。斜上し、草丈15~35cmになります。茎や葉、萼は無毛です。対してセイヨウミヤコグサには毛があります。奇数羽状複葉で、5枚の倒卵状楕円形をした小葉があります。内2枚は托葉になっているので3出複葉に見えます。長さ6~13mmで幅は3~8mm。萼は筒状で、萼片は萼の長さの半分以上裂けます。

 花期は4月から10月頃。花茎を長く伸ばして、先に2~3個の花を付けます。花径10~15mmの蝶形花で、黄色。花弁は、上部にある旗弁 (standard petal)、左右にある翼弁 (wing petals)、下に2つある竜骨弁 (keel petals) の計5枚からなります。2個の竜骨弁は筒状になり、雄しべと雌しべを包みます。雄性先熟です。染色体数は、2n=12。

 果実は長さ20~35mmの豆果で、細長い円柱形をしています。熟すと2裂して黒色の種子を出します。種子は、堅い種皮に覆われています。マメ科の特徴である根粒菌は、Mesorhizobium loti(ミヤコグサ根粒菌)。本種はゲノムサイズ(約4億5千万塩基対)が小さくライフサイクルが短い(2ヶ月)事からマメ科のモデル植物として扱われています。

 類似種として、在来種で開花後に黄赤色になるニシキミヤコグサ(錦都草)Lotus corniculatus L. var. japonicus Regel f. versicolor Makino 、帰化種のセイヨウミヤコグサ(西洋都草)Lotus corniculatus L. var. corniculatus(染色体数:2n=24)があります、。種や挿し芽で簡単に増殖できます。

Japanese common name : Miyako-gusa
e0038990_2054245.jpg
Lotus corniculatus L. var. japonicus Regel

e0038990_1038398.jpge0038990_10381956.jpg
左:萼の部分。萼や茎に毛が無い。右:セイヨウミヤコグサは毛がある

e0038990_10395080.jpge0038990_10401734.jpg
右:豆果。左はセイヨウミヤコグサ。初めは緑で、熟すと黒色化する。
e0038990_10421268.jpg
セイヨウミヤコグサ(西洋都草)
Lotus corniculatus L. var. corniculatus


ミヤコグサ(都草)
別名:エボシグサ(烏帽子草)
マメ科ミヤコグサ属
学名:Lotus corniculatus L. var. japonicus Regel
花期:4月~10月 多年草 草丈:15~35cm 花径:10~15mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Lotus : ギリシャ古語の植物名/ミヤコグサ属
corniculatus : 角のある・小角状の
L. : Carl von Linne (1707-1778)
var. : varietas(変種)
japonica : 日本の[japonicus(男性)/japonica(女性)/japonicum(中性)]
Regel : Eduard August von Regel (1815-1892)
---
ニシキミヤコグサ(錦都草)Lotus corniculatus L. var. japonicus Regel f. versicolor Makino
japonicus: 日本の[japonicus(男性)/japonica(女性)/japonicum(中性)]
f. : forma(品種)
versicolor : 斑入りの、変色の、種々の色のある
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)
---
セイヨウミヤコグサ(西洋都草)
英名:Birdsfoot trefoil
学名:Lotus corniculatus L. var. corniculatus
e0038990_12135938.gif

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.05.10, 2006.06.29
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

28 June 2006
Last modified: 02 November 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-06-28 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3725333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mico at 2006-06-30 15:10 x
この花を奈良で見かけたことがあります。
ミヤコグサなんですね、一つ賢くなりました。
有り難うございます。
Commented by pianix at 2006-07-05 22:25
micoさん

奈良で見た事があるというのは、本場で見たという事ですね。
うらやましい。

奈良と言えば、100年ほど前の修学旅行で行ったきりです。
で、高校生の時の物理教科書を保存してあるのですが、
ごく最近覚えたばかりだと思っていた計算式が、
その昔の期末試験で出ていたようです。勉強をした形跡がありました。
全く忘れていました。
植物も、新しい知識を取り込んだと思ったら、
中学生ぐらいの程度だったようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< キキョウ(桔梗) ヒロオビトンボエダシャク(広帯... >>