キキョウ(桔梗)
 キキョウ(桔梗)は、キキョウ科キキョウ属の多年草です。日本、朝鮮半島、中国東北部が原産です。国内では、北海道から九州にかけて自生分布する在来種です。しかし、環境省レッドデータブックでは絶滅危惧II類(絶滅の危険が増大している種)に指定されています。100年後の(自生種)絶滅確率は、ほぼ100%。

 名の由来は、漢名である桔梗を音読したキチコウの転訛であると考えられています。漢名は、梗、結梗、桔梗と変遷したとも言われています。根が結実で硬直との意味と考えられています。和名については、森立之(1807~1885)の説があり、平安時代は万葉仮名で岡止止岐(ヲカトトキ)・加良久波(カラクハ)・阿佐加保(アサカホ)等と記され、後に乎加止止岐(ヲカトトキ)・阿利乃比布岐(アリノヒフキ)が現れ、岐知加宇(キチカウ)、岐京(キキャウ)とされた頃に漢名の音読が始まったとされています。秋の七草の1つです。英名は、Balloon Flower。朝鮮名は、トラジ(도라지)。

 キキョウ科(Campanulaceae Juss. (1789))は、温帯から熱帯に約60属2000種があります。キキョウ属(Platycodon Alph. de Candolle, 1830)は、1属1種のみがあり、東アジアに分布します。

 根には太い根茎があります。黄白色で長い紡錘形をしています。これを乾燥させたものが生薬の桔梗根で、消炎排膿薬、鎮咳去痰薬として使用されます。現在は中国や韓国からの輸入品がほとんどです。茎の断面は円形です。立ち上がり草丈50~100cmになります。茎は枝分かれする事があり、折ると白乳液がでます。葉は互生します。長さ4~7cmの狭卵形で先が尖り、葉裏は粉白色を帯びます。

 花期は7月から9月頃。茎先に花冠径3~5cmの花を付けます。花冠は風船状に膨らんだ後に開花します。合弁花で、先端が5裂した広鐘形です。稀に4裂するものがあります。花色は青紫色です。稀に淡紫色や白色があります。白色種は根を食用に用いるために韓国で多く栽培されています。

 両生花で他家受粉をします。開花時は雌しべ柱頭に雄しべ5本が囲んでいます。雄しべが先に熟して枯れた後に雌しべが成熟し自家受粉を防ぐ、雄しべ先熟(雄性先熟)です。初めに雄花期があり、雄しべの葯から出た花粉は雌しべ柱頭の回りに付きます。それを昆虫などが運び出します。枯れた雄しべは倒れて花冠の底に貼り付きます。その後が雌花期で、雌しべの柱頭が5つに裂けて他の花の花粉を受け入れます。この部分に注目すれば、開花後の経過が把握できます。子房は、花被の付け根よりも下にある下位子房(inferior ovary)です。果実は蒴果で、先端が5裂します。染色体数は、2n=18,36。

Japanese common name : Kikyou
e0038990_2243625.jpg
Platycodon grandiflorus (Jacq.) A.DC.

e0038990_2244835.jpge0038990_2245875.jpg

左:開花前の風船状態 右:雄しべが枯れて雌しべ柱頭が5裂した雌花期
e0038990_2251326.jpg
シロギキョウ(白桔梗)
Platycodon grandiflorus (Jacq.) A.DC. f. albiflorus (Honda) H.Hara


キキョウ(桔梗)
キキョウ科キキョウ属
学名:Platycodon grandiflorus (Jacq.) A.DC.
花期:7月~9月 多年草 草丈:50~100cm 花冠径:3~5cm

e0038990_2163229.gife0038990_2152544.gif

【学名解説】
Platycodon : platys(広い)+ codon(鐘)/キキョウ属
grandiflorus : grandiflorum(大きい花の)
Jacq. : Nicolaus Joseph Baron von Jacquin (1727-1817)
A.DC. : Alphonse Louis Pierre Pyramus de Candolle (1806-1893)
---
f. : forma(品種)
albiflorus : 白花
Honda : 本田政次 Masaji Honda (1887-1984)
H.Hara : 原寛 Hiroshi Hara (1911-1986)

撮影地:静岡県静岡市
自宅(植栽) 2006.06.29
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

1 July 2006
Last modified: 29 August 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-07-01 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3749491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヤブカラシ(藪枯らし) ミヤコグサ(都草) >>