シモツケ(下野)
 シモツケ(下野)は、バラ科シモツケ属の落葉低木です。日本・中国・朝鮮が原産です。国内では北海道から九州に分布します。名の由来は、現在の栃木県である下野の国で学術採取されたことにより地名が名称になったとされています。あるいは、花の咲く様子を霜が降りた状態に見立てたという説もあります。中国名は、シュクセンギク(繍線菊)。英名は、Japanese spiraea。

 バラ科(Rosaceae Juss. (1789))は、南極を除く、ほぼ全ての大陸に約107属3100種が分布します。シモツケ属(Spiraea L. (1753))は、北半球の温帯と亜寒帯に約120種が分布し、日本に10種が自生します。

 茎は束生し、枝は分枝します。樹高は通常100cm程で、放任すれば150cmまでになります。若い枝は赤褐色、古くなると暗褐色になり、直径は1cm前後です。葉は互生します。長楕円状披針形で長さ3~8cm、幅2~3cm。不揃いな重鋸歯か鋸歯があり、葉先は鋭尖頭または鋭頭で尖ります。歯裏は白っぽい淡緑色。葉柄は長さ1~3mm。

 枝先に3~5cmの複散房花序を半球状に付け、径4~6mmの小花を多数密生させます。花弁は広卵形から円形の5枚で、平開します。花色は紅色から淡紅色で濃淡の変異があり、稀に白色があります。雄しべ花糸は花弁の2倍ほどの長さで、20本以上が長く突き出て、花序全体をもやっとした雰囲気にさせています。雌しべは5本。萼片は5枚で1mm程。果実は袋果です。長さ2~3mmの光沢がある卵形で、5個が集まっています。熟すと縦に裂開して種子を出します。染色体数は、2n=18。

Japanese common name : Shimotuke
e0038990_9293121.jpg
Spiraea japonica L.f.


シモツケ(下野)
バラ科シモツケ属
学名:Spiraea japonica L.f.
花期:5月~8月 落葉低木 樹高:20~100cm 花径:4~6mm 果期:9~10月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Spiraea : speira(螺旋・輪)/シモツケ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
L.f. : Carl von Linne, filius (1741-1783)
---
Desv. : Nicaise Auguste Desvaux (1784-1856)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から11.50km左岸 2006.06.02
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 11 July 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-07-11 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3801175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ronpapasan at 2006-07-13 17:25
へぇ~、これバラ科なんですか?バラ科には見えないですねぇ。
珍しい花ではないのですか?あまり見た気がしてないのですが・・・。
Commented by pianix at 2006-07-13 18:20
ronpapasanさん

バラ科ですね。珍しい花ではないと思います。園芸種として出回っています。しかし、自生するものは少なくなっているかもしれません。ユキヤナギやコデマリの仲間です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヒルガオ(昼顔) コウボウムギ(弘法麦) >>