マルバハッカ(丸葉薄荷)
 マルバハッカ(丸葉薄荷)は、シソ科ハッカ属の多年草です。ヨーロッパの地中海地方沿岸が原産です。日本では栽培していたものが逸出して、1879(明治12)年に野生化が確認された帰化植物です。名の由来は、丸い葉を持つ薄荷である事から。英名は、Apple mint。林檎のような香りを持つ薄荷であることからの命名です。あるいは、和名と同じRound leaved mint。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。ハッカ属(Mentha L. (1753))は、北半球の温帯に約40種が分布し、日本には2種が自生します。

 地下茎があり繁殖します。茎は4稜(断面が四角)があり、細かな綿毛で覆われています。草丈は30~80cm。葉は十字対生します。葉柄が無く茎を抱きます。長さ2~5cmの広楕円形で、鋸歯があり、葉脈は窪んで網目状のシワがあります。葉裏は柔らかで細かな綿毛で覆われていて、香りの成分を出す腺点があります。林檎に似た甘い芳香で、主要成分は、ピペリテノンオキシド(Piperitenone oxide)です。

 花期は6月から7月頃。茎の先に3cm~6cmの穂状花序を出します。花冠は白色の合弁花です。唇弁形で長さは2mm前後。雄しべが花冠の2倍程に突き出ます。雄しべ4本の内の2本が長い2強雄ずいです。子房上位。染色体数は、2n=24。類似種のオランダハッカ(阿蘭陀薄荷)は、全体に無毛です。

Japanese common name : Maruba-hakka
e0038990_2337932.jpg
Mentha suaveolens Ehrh.
e0038990_2337238.jpg
葉は十字対生する。茎と葉裏には柔らかな綿毛が密生する。


マルバハッカ(丸葉薄荷)
英名:アップルミント(Apple mint)
シソ科ハッカ属
学名:Mentha suaveolens Ehrh.
synonym : Mentha rotundifolia (L.) Huds.
花期:6月~7月 多年草 草丈:30~80cm 花序長:3~6cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Mentha : Menthe(ギリシャ神話の女神の名)/ハッカ属
suaveolens : 芳香のある
Ehrh. : Jakob Friedrich Ehrhart (1742-1795)
---
rotundifolia : rotundifolius(円形葉の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Huds. : William Hudson (1730-1793)

撮影地:静岡県静岡市
藁科川(安倍川水系) 2.0km左岸 2006.07.13
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

18 July 2006
Last modified: 26 June 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-07-18 00:00 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3837170
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by brizu at 2006-07-19 10:21
ご無沙汰しています。
いつも見させていただいてはいるのですが・・。
これ、マルバハッカだったのですね。
いつもなんだろうと思っては
わからなかったものなので
おかげさまでスッキリできました。
Commented by mico at 2006-07-19 15:43 x
この花、原っぱで見かけました。
マルバハッカ名前が分かりスッキリしました。
Commented by pianix at 2006-07-19 18:52
brizuさん

このマルバハッカは、草刈り最中の残り数株でした。
毎年咲きます。作業中の草刈り作業員に断って撮影しました。
作業員としばらく話をして野草情報の交換をしました。
彼等は刈る人、私は記録する人ですが、同じ野草を相手にしている事は変わりません。記念撮影もしました。
すると雷鳴と共に突然の雨。彼等は鉄製の作業道具を持っていますから「恐い」と言っていました。
刈り取られた後も、アップルミントの香りが漂っていました。
Commented by pianix at 2006-07-19 19:03
mico さん

ハッカ類は、皆似ていて困りますね。
我が家の食卓にある小さな花瓶には、このマルバハッカは勿論、
クサフジ、アキノタムラソウ、カワラナデシコが差してあります。
野草は日持ちがしませんね。傑作なのは、ヘクソカズラまで飾ってある事です。

遊ぶのに忙しくて?時々滞ってしまうことがあります。
先日は映画「ダヴィンチコード」を見に行きました。私には退屈でした。
でも、書店で野草関係の図鑑を選んでいる時は楽しかったです。
もっとも、原色牧野植物大図鑑などは置いてはありませんでした。
映画の帰りに、こんな重い本を抱えてくるのも嫌ですが。
図鑑を買う為の出資者は息子。学会で賞を取った副賞が回ってきたのです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アキノタムラソウ(秋の田村草) イボタノキ(疣取木/水蝋樹) >>