アキノタムラソウ(秋の田村草)
 アキノタムラソウ(秋の田村草)は、シソ科アキギリ属の多年草です。東アジアの温帯から暖帯に広く分布します。国内では本州から沖縄までに分布する在来種です。名の由来は、不明です。多紫草や丹紫草との説があります。学名の意味は、日本のサルビア。ちなみにタムラソウ(田村草)はキク科で、アザミに似た花を咲かせる別種です。

  シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。アキギリ属(Salvia L.)は、熱帯から温帯にかけて分布し500~900種以上があると言われています。日本には10種程が自生します。

 茎は4稜があり、断面は四角形。茎は分枝し、20~80cmに立ち上がります。葉は対生します。奇数羽状複葉で、茎に付く位置によって異なり、3出葉あるいは1~2回羽状複葉となります。小葉は3~7枚。長さ3~5cmの広卵形で、長い葉柄があり、鋸歯があります。 

 花期は7月~11月で、葉腋から伸びた茎に輪散花序を付けます。花冠は筒状の合弁花です。淡い青紫色の唇形花を段状に5個ずつ輪生します。輪生と言っても茎の回りに満遍なく取り囲む訳ではなく、日照方向に偏り扇状になります。花序の長さは20cm前後。花冠の長さは10~13mmで上唇と3裂した下唇があり、毛が密生します。

 雄しべ2本があり、内2本は退化しています。2裂した柱頭の雌しべ1本は花冠より僅かに長く、黄色の葯が花冠の上部に突き出ます。萼は長さ5~6mmで腺毛が多くあります。果実は子房が4分裂した分果(mericarp)で、2~4個の種子があります。大木の影に生育する事が多く、強い日差しは好まないようです。染色体数は、2n=16。

Japanese common name : Akino-tamurasou
e0038990_10361990.jpg
Salvia japonica Thunb.

e0038990_10365179.jpge0038990_1037198.jpg


アキノタムラソウ(秋の田村草)
シソ科アキギリ属
学名:Salvia japonica Thunb.
花期:7月~11月 多年草 草丈:20~80cm 花冠長:10~13mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Salvia : salvare(治療)/アキギリ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から11.75km右岸土手 2006.07.14
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

19 July 2006
Last modified: 07 October 2010
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-07-19 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3841969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< クマノミズキ(熊野水木) マルバハッカ(丸葉薄荷) >>