キョウチクトウ(夾竹桃)
 海手前500m程の土手上に植林されているキョウチクトウが満開です。花色は白が圧倒的で、赤系は数本程度でした。

 以前は毎週来ていた場所です。競歩練習のために往復20kmを歩いていたのですが、その時はキョウチクトウの存在には気が付きませんでした。折り返し点であり、汗びっしょりでハアハアゼイゼイしていましたから余裕が無かったのでしょう。

 インド原産です。花色は、赤・紫紅・桃・白。生薬で夾竹桃葉(強心薬)として利用されますが、有毒(オレアンドリン、oleandrin)なので非常に危険、素人療法は厳禁です。

Japanese common name : Kyoutikutou
e0038990_20155087.jpg
Nerium oleander L. var. indicum (Mill.) O.Deg. et Greenwell

e0038990_2016080.jpge0038990_20161162.jpg


キョウチクトウ(夾竹桃)
別名:ハンネンコウ(半年紅)/ミフクラギ(目膨木)、
キョウチクトウ科キョウチクトウ属
学名:Nerium oleander L. var. indicum (Mill.) O.Deg. et Greenwell
synonym : Nerium indicum Mill.
花期:6月~9月 常緑低木 樹高:3~5m 花径:4~5cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Nerium : neros(湿った)/キョウチクトウ属
oleander : 由来不明/ Olea(Oliveの古名)に似た
L. : Carl von Linne (1707-1778)
var. : varietas(変種)
indicum : インドの
Mill. : Philip Miller (1691-1771)
O.Deg. : Otto Degener (1899-1988)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Greenwell : Amy Beatrice Holdsworth Greenwell (1921-1974)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から0.5~0km 左岸土手 2005.06.07
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 08 June 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-06-08 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/387576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ビヨウヤナギ(美容柳/未央柳) キキョウソウ(桔梗草) >>