イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)
 イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)は、シソ科イブキジャコウソウ属の落葉矮小低木です。日本・中国・モンゴル・ヒマラヤが原産です。国内では北海道から九州に分布する在来種です。名の由来は、滋賀県と岐阜県の県境にある伊吹山に多く分布し、ジャコウ(麝香)のような芳香がある事から。麝香は、ジャコウジカ(麝香鹿)の雄の麝香腺分泌物の事。名前に草と付きながら実際は木本。日本のタイムとも呼ばれます。英名は、和名と同じくIbuki-Zyako-So。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。イブキジャコウソウ属(Thymus L. (1753))は、ヨーロッパ・アジア・アフリカなどに約350種(古い図鑑では35種)が分布し、日本には本種1種のみが自生します。

 日当たりの良い高山の岩礫地から海岸までに生育します。茎は細く木質化し、地を這い、分枝して節から根を出し群落を作ります。葉は対生します。卵形あるいは狭卵形で、長さ5~10mm、幅2~6mm。全縁で、短い柄があり、基部はくさび形、先端は鈍頭。葉の両面には腺点があります。

 花期は6月から7月頃で、枝先に穂状花序を付けます。花冠は淡紅色の唇形花で、長さは5~8mm、幅8mm内外。花色は低地ほど淡くなります。稀に白花があります。下唇は3裂します。萼に長い毛があり、類似種のタチジャコウソウと異なる部分です。雄しべは4本で、内2本が長くなって花冠から出ます。雌しべに先立ち熟す、雄しべ先熟です。繁殖は通常、挿し木や株分けで行います。染色体数は、2n=24。

Japanese common name : Ibuki-zyakou-sou
e0038990_21163226.jpg
Thymus quinquecostatus Celak.


イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)
シソ科イブキジャコウソウ属
学名:Thymus quinquecostatus Celak.
synonym : Thymus serpyllum L. subsp. quinquecostatus (Celak.) Kitam.
synonym : Thymus serpyllum L. var. ibukiensis Kudo
花期:6月~7月 落葉矮小低木 樹高:5~15cm 花冠長:5~8mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Thymus : thyo(香)|thyme(力)|thymo(神聖な)/イブキジャコウソウ属
quinquecostatus : 五本の主脈ある
Celak. : Ladislav Josef Celakovsky (1834-1902)
---
serpyllum : serpens(蛇のような・這っている・匍匐性の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
subsp. : subspecies(亜種)
quinquecostatus : 五本の主脈がある
Celak. : Ladislav Josef Celakovsky (1834-1902)
Kitam. : 北村四郎 Shirō Kitamura (1906-2002)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から0.25km 左岸土手 2006.07.11
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

25 July 2006
Last modified: 9 June 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-07-25 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3876144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< オオセンナリ(大千成) アカスジカメムシ(赤筋椿象) >>