アジサイ(紫陽花)-3
 ベニガク(紅額)は、ヤマアジサイ(山紫陽花)の園芸種です。萼(装飾花)が赤いから紅額。萼片は3~4個。

 アジサイは、株元から出た1年枝には花芽をつけません。2年を要して花を咲かせます。花芽は10月に分化しますが、剪定の仕方が悪いと翌年に花をつけなくなる場合があります。それで剪定しないで放っておくと背が高く姿が乱れることに。ずいぶんと背が高くなったアジサイを見ることがありますが、それで良ければ毎年花を見ることができる確実な方法とも言えます。

 アジサイ科(Hydrangeaceae Dumort. (1829))は、北半球の温帯から亜熱帯に16属約190種があります。アジサイ属(Hydrangea L. (1753))は、東アジアとアメリカに約40種が分布し、日本には約10数種が分布します。

Japanese common name : Beni-gaku
e0038990_21142133.jpg
Hydrangea serrata (Thunb.) Ser. var. japonica (Siebold) H.Ohba et S.Akiyama


ベニガク(紅額)
アジサイ科アジサイ属
学名:Hydrangea serrata (Thunb.) Ser. var. japonica (Siebold) H.Ohba et S.Akiyama
花期:6月~7月 落葉低木 樹高:80~200cm 花序径:15~30cm

e0038990_21323673.gife0038990_2163229.gif

【学名解説】
Hydrangea : hydro(水)+angeion(容器)/アジサイ属
serrata : serratus(鋸歯がある)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Ser. : Nicolas Charles Seringe (1776-1858)
var. : varietas(変種)
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Siebold : Philipp Franz von Siebold (1796-1866)
H.Ohba : 大場秀章 Hideaki Ohba (1943- )
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
S.Akiyama : 秋山忍 Shinobu Akyama (1957- )

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から17.0km 左岸土手 2005.06.09
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 26 June 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-06-26 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/387869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アジサイ(紫陽花)-4 アジサイ(紫陽花)-2 >>