トリトマ(Toritoma)
 トリトマ(Toritoma)という名前は、旧属名で、現在でもそのまま使い続けています。現在の属名を使うとしたら「クニフォフィア(Kniphofia)」となるはずです。この名称は、ドイツの植物学者Kniphof氏の名前に由来しています。英名はトーチリリー(Torch lily)。「松明(たいまつ)」に見立てた名前です。つぼみはオレンジ、開花すると黄色に変わっていきます。

e0038990_15252435.jpg

トリトマ(Toritoma)
別名:シャグマユリ(赤熊百合)/オオトリトマ
ユリ科シャグマユリ属
学名:Kniphofia uvaria
花期:6月~10月 宿根草 草丈:60~120cm 花穂:15~25cm
アフリカ原産(品種:クニフォフィア・ウバリア)

撮影地:静岡市葵区牛妻 2005.06.09
[PR]
by pianix | 2005-06-30 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/387935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< オカトラノオ(丘虎尾) アロエ・ストリアツラ(Aloe... >>