ヒメヒオウギ(姫檜扇)
 今日は7月第一週目で、礼拝では聖餐式が行われました。聖餐式はパンと葡萄酒(ジュース)を食べる儀式です。会堂入り口には、一鉢のヒメヒオウギ(姫檜扇)が置かれていました。そこで種を無料配布していました。

 配布されている方に話を聞くと、星野富弘さんの事務局を担当しているので花に興味があるとの事でした。山野草などの話もしてくれました。花が好きな人は本当に好きなのですね。私とは大違い。

 ヒメヒオウギの特徴は、6枚の花弁の内、内側3枚だけに色が濃くなったブロッチ(斑点)が入ることでしょうか。南アフリカ原産です。Red Type, Red and White Type, White Typeなどがあります。

Japanese common name : Hime-hiougi
e0038990_955938.jpg
Freesia laxa (Thunb.) Goldblatt & J. C. Manning
e0038990_9551913.jpg
2014.07.04 安倍城跡


ヒメヒオウギ(姫檜扇)
旧名:アノマテカ(anomatheca)/ラペイロウシア(Lapeirousia)
アヤメ科ヒメヒオウギ属
学名:Freesia laxa (Thunb.) Goldblatt & J. C. Manning
ex : Anomatheca laxa Lindl. (=Anomatheca cruenta =Lapeirousia laxa)
花期:4月~6月 多年草(球根) 草丈:30~50cm 花径:約3cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Freesia : H.Th.Freese氏に因む
laxa : laxus(疎な・開いた・怠情な)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Goldblatt : Peter Goldblatt (1943- )
J.C.Manning : John Charles Manning (1962- )
---
Anomatheca : anomalus(変則の・異常の)+theca(箱)
Lindl. : John Lindley (1799-1865)

撮影地:静岡県静岡市
静岡市駿河区 2005.07.03
安倍城跡 2014.07.04
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

03 July 2005
Last modified: 30 November 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-07-03 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/387987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヤマユリ(山百合) アガパンサス(Agapanthus) >>