キツネノボタン(狐牡丹)
 咲き誇っていたキツネノボタンですが、この季節になると勢いが無くなってきました。狐が着るシャツの釦(ボタン)だったら可愛いかもしれませんが、「牡丹」のボタン。一般的に、キツネの名が付けられた植物は有毒のものが多いようですが、これも例に漏れず有毒(アルカロイド、プロトアネモン)です。

 花に光沢があり光ってしまうので、撮影が難しいものの一つだと思います。ただ、黄色の花と鉤(かぎ)状のトゲが着いた緑の実がセットになっているのは可愛い感じがします。

e0038990_15552178.jpg

キツネノボタン(狐牡丹)
キンポウゲ科キンポウゲ属
学名:Ranunculus quelpaertensis (Lev.) Nakai
花期:4月~7月 多年草 草丈:15~80cm 花径:1~1.5cm

撮影地:足久保川(安倍川水系) 2005.06.30
[PR]
by pianix | 2005-07-14 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/388151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ミヤマアカネ(深山茜蜻蛉)-1 ゴマダラカミキリ(胡麻斑髪切/... >>