サキグロムシヒキ(先黒食虫虻)
 ドラキュラ出現! ムシヒキが獲物を抱えて飛んでいると異様な形態に見える事があります。ムシヒキは、捕獲した獲物の体液を吸います。昆虫界のドラキュラと言われるゆえんです。この写真では、胸に何か付いているように見えますが、それは獲物です。胸部は灰褐色、腹部は黄褐色。腹端(=交尾器)が黒いムシヒキアブです。

 写真に撮ろうとしても素早く逃げてしまいます。昆虫写真を撮っている人たちの苦労がよく分かります。

Japanese common name : Sakiguro-musihiki
e0038990_18384670.jpg
Trichomachimus scutellaris (Coquillett, 1898)


サキグロムシヒキ(先黒食虫虻)
ハエ目(双翅目)ムシヒキアブ科ムシヒキアブ亜科(Asilinae)
学名:Trichomachimus scutellaris (Coquillett, 1898)

e0038990_2163229.gif

体長:20~26mm
出現期:6月~9月
分布:北海道・本州・四国・九州

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9km 右岸河川敷 2005.07.15
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 20 July 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-07-20 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/388230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< オニユリ(鬼百合) ヒメガマ(姫蒲)-1 >>