オニユリ(鬼百合)
 我が家から500m程離れた土手に、オニユリ(鬼百合)の群生が見られます。この場所のオニユリは、背丈が低く、遠目ではヤブカンゾウのように見えます。

 幾つかの場所で背丈のあるオニユリを見つけて、ムカゴ採取をしてみました。ユリは鱗(りん)茎から鱗片を取り出すか、その上に付いている木子(きこ)で増やす事ができますが、ムカゴで増やすのが一番簡単なようです。ムカゴ(珠芽)がつくのがオニユリ、つかないのがコオニユリ(小鬼百合)です。

 大きなヒマワリと同じように、このオニユリが咲くと夏本番を感じさせられます。

Japanese common name : Oni-yuri
e0038990_18344054.jpg
Lilium lancifolium Thunb.


オニユリ(鬼百合)
別名:テンガイユリ(天蓋百合)
ユリ科ユリ属
学名:Lilium lancifolium Thunb.
花期:7月~8月 多年草 草丈:100~200cm 花径:10~12cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Lilium : li(白)+lium(花)/ユリ属
lancifolium : lancifolius=lancea(槍)+folium(葉)/披針形葉の
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
---
コオニユリ(小鬼百合)
Lilium leichtlinii Hook.f. f. pseudotigrinum (Carrière) H.Hara et Kitam.
leichtlinii : Maximilian Leichtlin (1831-1910)氏の
Hook.f. : Joseph Dalton Hooker (1817-1911)
f. : forma(品種)
pseudotigrinum : pseudo(偽の)+tigrinus(虎模様)/虎模様のような
Carrière : Elie-Abel Carrière (1818-1896)
H.Hara : 原寛 Hiroshi Hara (1911-1986)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Kitam. : 北村四郎 - Shirō Kitamura (1906-2002)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸土手 2005.07.19
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 21 July 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-07-21 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/388246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヒメウラナミジャノメ(姫裏波蛇目) サキグロムシヒキ(先黒食虫虻) >>