ヒメウラナミジャノメ(姫裏波蛇目)
 ご承知のように、蝶は止まる時に翅を閉じ、蛾は開いているということで、大凡の違いが分かります。特に気温が高いと翅裏を見せる事が多くなるようです。このヒメウラナミジャノメは名前の通り、翅の裏面に細かい波模様があります。よく見かける蝶です。

参考:ヒメジャノメ(姫蛇目蝶)

Japanese common name : Hime-uranami-janome
e0038990_1829402.jpg
Ypthima argus (Butler, 1866)
e0038990_1424116.jpg
2006.09.08


ヒメウラナミジャノメ(姫裏波蛇目)
チョウ目ジャノメチョウ科
学名:Ypthima argus (Butler, 1866)

e0038990_2163229.gif

体長:(前翅長)18~24mm/(開張)38mm
出現期:年3~5回、3月~9月に発生
分布:北海道・本州・四国・九州
食草:チジミザサ、ススキ等、イネ科植物各種/幼虫はイネ科、カヤツリグサ科

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.25km 右岸河川敷 2005.07.15, 2006.09.08
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 22 July 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-07-22 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/388271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kappa at 2006-06-01 19:09 x
今日は、ジャノメチョウ気分だった(?)ら、うちにも、現れてくれました。
この写真のように、接近できたらよいのですけれど・・・。
Commented by pianix at 2006-06-01 20:30
kappaさん

コメントありがとうございました。
「写真とmessage : lassage」を拝見しました。
昆虫写真を撮られている方には、いつも脱帽します。
添えられた詩は、そのまま歌になりそうです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< スイレン(睡蓮)-熱帯性 オニユリ(鬼百合) >>