ユウマダラエダシャク(夕斑枝尺)
 夜行性の蛾。日中は蛾らしく羽を広げて葉に止まっているので撮影しやすい。幼虫は尺取り虫の一種なので、「尺」が名前に入れられているのですね。灰色の斑紋部分に輪状の斑紋があるのはヒメマダラエダシャク。

e0038990_21272148.jpg
Abraxas miranda miranda Butler, 1878


ユウマダラエダシャク(夕斑枝尺)
チョウ目(鱗翅目)シャクガ科エダシャク亜科
学名:Abraxas miranda miranda Butler, 1878

e0038990_2163229.gif

体長:(前翅長)10~13mm/(開張)30~45mm
出現期:5月/8月~10月
食草:ニシキギ科マサキ・コマユミ・ツルマサキ

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9.00km 左岸河川敷 2005.06.03
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 02 August 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-02 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/388389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アメリカフヨウ(亜米利加芙蓉) フヨウ(芙蓉) >>