コバギボウシ(小葉擬宝珠)
 コバギボウシ(小葉擬宝珠)は、キジカクシ科ギボウシ属の多年草です。日本を主とする東アジアが原産で、国内では北海道から九州に分布する在来種です。名の由来は、蕾の形が橋や寺社の欄干に付けられる飾りのギボシ(擬宝珠)に似ている事から。類似種のオオバギボウシ(大葉擬宝珠)と比べて葉が小型であるので小葉。

 キジカクシ科(Asparagaceae Juss. (1789))は、約150属2500種が分布します。旧分類のユリ科(Liliaceae Juss. 1789)は、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ギボウシ属(Hosta Trattinick, 1814)は、日本や中国など亜寒帯から温帯にかけての東アジアに20~40種あり、日本には10種以上が自生します。分類上の見解が分かれている属です。

 日当たりの良い湿地に生育します。根茎は横に這います。茎は30~40cmに直立します。葉は多数根生して斜上し、長さ10~15cmの葉柄があります。葉は長さ10~16cm、幅5~8cmの狭卵形から卵状長楕円形で、先端は突頭で基部は翼状、葉脈は平行脈で窪みます。灰緑色で光沢はありません。花茎の先に総状花序を付け、数個の花を下から順に咲かせます。

 花冠は淡紫色の筒状鐘形で、長さ4~5cm、花被内面に濃紫色の筋があり、横かやや下向きに咲きます。花被片は6枚で、花被の合着部には透明線があります。基部には緑色の船形の苞が1枚あります。雄しべは6本で、それよりも長い雌しべ1本があり内側に反り返ります。朝に開花し夕方には萎む一日花です。他花受粉をします。虫媒花で、媒介者は主としてマルハナバチ(丸花蜂)です。果実は痩果で、熟すと3裂します。黒褐色の種子には翼があり、風によって散布されます。若葉と蕾は食用になります。

 同じ属の類似種に、トウギボウシ=オオバギボウシ(大葉擬宝珠)Hosta sieboldiana (Lodd.) Engl. や、ミズギボウシ(水擬宝珠)Hosta longissima Honda ex F.Maek. があります。

Japanese common name : Koba-gibousi
e0038990_10192239.jpg
Hosta sieboldii (Paxton) J.W.Ingram var. sieboldii f. spathulata (Miq.) W.G.Schmid

e0038990_10193581.jpge0038990_10194327.jpg

左:雄しべ6、長いのは雌しべ。    右:葉は長さ10~16cm。


コバギボウシ(小葉擬宝珠)
キジカクシ科ギボウシ属
学名:Hosta sieboldii (Paxton) J.W.Ingram var. sieboldii f. spathulata (Miq.) W.G.Schmid
synonym : Hosta albo-marginata (Hook.) Ohwi
花期:7月~8月 多年草 草丈:30~40cm 花冠長:4~5cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Hosta : Nicolaus Thomas Host (1761~1834)に因む/ギボウシ属
sieboldii : Philipp Franz Balthasar von Siebold (1796-1866)への献名
Paxton : Joseph Paxton (1803-1865)
J.W.Ingram : John William Ingram (1924-?)
var. : varietas(変種)
f. : forma(品種)
spathulata : spathulatus(スプーン型の)
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)
W.G.Schmid : Wilhelm Gustav Gunther Schmid (1888-1949)
---
albo-marginata : albo-marginatus(白い縁取りのある)
Hook. : William Jackson Hooker (1785-1865)
Ohwi : Jisaburo Ohwi 大井 次三郎 (1905-1977)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km左岸土手 2006.07.28
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

First draft: 1 August 2006
Last modified: 7 July 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-08-01 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3921539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by brizu at 2006-08-03 10:04
青とか紫の花って言うのは
なんか僕の琴線に触れてくるものがあります。
黄色や赤もキレイだけど・・。
この花もそんな感じがします。
自生のコバギボウシ・・見つけられるところがすごいです。
Commented by pianix at 2006-08-03 19:03
brizuさん

いつもコメントありがとうございます。
以前の幼少時に思ったコメント「死んじゃったんだ」は、いまだに私の中に残っています。生命に対する畏怖が現れていました。
この写真は写りが汚すぎるので困っていました。本当はもっと綺麗なのです。暗い曇り空の影響もあるかと思います。もう少し綺麗に撮れたら入れ替えますからご勘弁を。
草刈りが行われていなかった土手の一角に自生のコバギボウシがありました。植栽だったらどこででも見られますが、自生にこだわりました。それを知っているbrizuさんは、凄い。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヒレハリソウ(鰭玻璃草) ツノトンボ(角蜻蛉) >>