クサフジ(草藤)
 クサフジ(草藤)は、マメ科ソラマメ属の多年草です。北半球の温帯から亜寒帯に広く分布し、国内では全国に分布する在来種です。名の由来は、花がフジ(藤)のような草本である事から。

 マメ科(Fabaceae Lindl. (1836))は、世界に約650属18,000種があり、ソラマメ属(Vicia L. (1753))は、北半球と南半球の温帯域に2亜属22節、約140種があります。

 茎は蔓性で、先端が巻きヒゲになり、他の植物などに巻き付いて茎長は80cm~150cmになります。葉は偶数羽状複葉で互生します。小葉は18~24枚で、長さ15~30mm、幅2~6mmの狭卵形で薄い。類似種のツルフジバカマ(蔓藤袴)は小葉が10~16枚で長楕円形。花期は5月から8月頃。葉腋から花柄を出し、総状花序を上向きに付けます。小花は青紫色の蝶形花(ちょうけいか)で、花冠長は15~30mm。

 蝶形花の花弁は5枚で、旗弁(flag)1枚、竜骨弁あるいは舟弁(keel)2枚、翼弁(wing)2枚で構成されています。旗弁の付け根には蜜のありかを示す蜜標があり、この奥に蜜があります。旗弁の基部である爪部と幅が広い部分の舷部(そうぶ)は、ほぼ同じ長さです。類似種のナヨクサフジ(弱草藤)は旗弁が舷部より長くなります。虫媒花です。果実は豆果で、長さ2~3cmの長楕円形。種子は径3mm程の球状で2~6個あります。

 類似種として、海岸近くに生えるヒロハクサフジ(広葉草藤)Vicia japonica A.Gray があります。

Japanese common name : Kusa-fuji
e0038990_23211780.jpg
Vicia cracca L.
e0038990_23214895.jpg
葉は偶数羽状複葉で互生する


クサフジ(草藤)
マメ科ソラマメ属
学名:Vicia cracca L.
花期:5月~8月 多年草 茎長:80~150cm(蔓性) 花冠長:15~30mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Vicia : vincire(巻き付く)/ソラマメ属
cracca : マメの古名
L. : Carl von Linne(1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から12.25km 右岸土手 2006.06.19
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 4 August 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-08-04 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/3939066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< コガネバナ(黄金花) ラミーカミキリ(Ramie髪切) >>