ノカンゾウ(野萓草)
 ノカンゾウ(野萓草)は、ススキノキ科ワスレグサ属の多年草です。日本・中国・朝鮮半島・サハリンが原産です。国内では全国に分布する在来種です。八重咲きのヤブカンゾウ(藪萓草)より若干小型の一重咲き種です。名の由来は、漢名であるカンソウ(萓草)の音読みの転訛が元となり、自生地が野山である事からです。

 APG体系では、ススキノキ科(Xanthorrhoeaceae Dumort. (1829))で、約34属1200種が分布します。旧分類のユリ科(Liliaceae Juss. (1789))は、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ワスレグサ属(Hemerocallis L. (1753)) は、ユーラシアの温帯に約20種あり、日本には約5種が自生します。

 根は紡錘(ぼうすい)状に膨らみ、匐枝を出して増殖します。葉は2列に根生し、基部が抱き合う跨状(こじょう)となります。長さ40cm~70cm、幅10~15mmの広線形です。多年草ですが地上部は枯れます。花茎は70~90cmで、Y字形に分岐して花序を付け、下から順に花を咲かせます。

 花期は7月から9月頃。花径は7~8cmで、花色は橙赤色から赤褐色。赤味の強いものをベニカンゾウ(紅萓草)と呼ぶ事があります。花被片は6枚で、中央に黄色の筋があり、上向きに咲きます。筒状に合着した花筒は3~4cmで、ヤブカンゾウの2cm程度と比べ長くなります。この特徴が旧種小名のlongituba(長い管の)として採用されていました。雄しべは6本、長く伸びた雌しべが1本あります。属名のHemerocallis「一日美しい」が表すように、朝開いて夕には萎む一日花です。染色体数は2n=22。

 類似種として、海岸に咲く常緑種のハマカンゾウ(浜萓草)Hemerocallis fulva L. var. littorea (Makino) M. Hottaがあります。浜・藪・野を冠した3種のカンゾウが一般的で、母種とされるシナカンゾウ(志那萓草)Hemerocallis fulva L. var. fulvaは日本には自生せず栽培されるのみです。

Japanese common name : No-kanzou
e0038990_23575311.jpg
Hemerocallis fulva L. var. disticha (Donn ex Ker Gawl.) M.Hotta
e0038990_072915.jpg
果実 2006.09.05


ノカンゾウ(野萓草)
別名:ベニカンゾウ(紅萓草)
ススキノキ科ワスレグサ属
学名:Hemerocallis fulva L. var. disticha (Donn ex Ker Gawl.) M.Hotta
synonym : Hemerocallis fulva L. var. longituba (Miq.) Maxim.
花期:7月~9月 多年草 草丈:70~90cm 花径:7~8cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Hemerocallis : hemera(一日)+callos(美)/ワスレグサ属
fulva : fulvus(茶褐色の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
var. : varietas(変種)
disticha : di(2つの)+stichos(列)/二列の
Donn : James Donn (1758-1813)
ex : ~による
Ker Gawl. : John Bellenden Ker Gawler (1764-1842)
M.Hotta : 堀田 満 Mitsuru Hotta (1937-)
---
longituba : longitubus(長い管の)
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)
Maxim. : Carl Johann Maximowicz (1827-1891)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から7.00km右岸河川敷 2006.08.15 / 09.05
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

17 August 2006, 5 July 2013, 3 April 2015
Last modified: 29 June 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-08-17 00:00 | | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/4004329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from みつけたよ ~お茶の国から~ at 2006-08-20 13:52
タイトル : おや、こんなところで、
ノカンゾウの花が咲いていました。  一重の花弁です。 おや、こんなところに! ... more
Commented by nojin at 2006-08-18 07:13 x
きれいですね~。
 ノカンゾウ・・・一日花なんですね。
 いつも勉強させていただいています。
私も撮りましたので、TB、させていただきます。
Commented by brizu at 2006-08-18 09:43
ノカンゾウってワスレナグサ属なんですねぇ。
横浜でも少し草の生い茂っているところでは
見ることが出来ます。
Commented by pianix at 2006-08-18 12:28
nojinさん

お茶の国はどの辺なのでしょうか、あまりにたくさんの記事があるので読み切れていません。私はお茶がないと生きていけません(^^;。
セミの羽化を拝見させていただきました。
Commented by pianix at 2006-08-18 12:45
brizuさん

一字違いの「ワスレグサ属」です(^^)。
横浜町田ICから保土ヶ谷バイパスを通って横横道路、横須賀のYRPへ行ってしまう事が多いので、横浜には足を伸ばす事がなく残念です。
今からbrizuさんのブログへ行きます。
Commented by nojin at 2006-08-18 18:48 x
TB、いったんですが、Exciteさんは、
 相互でないと、受け付けてくれないのかな~?
  届かなくて、もうしわけないです。
私は、高草山の西側に生息しております。
 ほんとに、お近くですね~。
  これからも、よろしくです~。
  リンクリストに登録させていただきます。
Commented by pianix at 2006-08-19 14:57
nojinさん

高草山の西側と言う事で、お近いですね。
TBの件、失礼しました。私の設定によるものです。
受付するようにしました。ご迷惑をおかけしました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アカマダラメイガ(赤斑螟蛾) クマゼミ(熊蝉) >>