ダイコンソウ(大根草)
 ダイコンソウ(大根草)は、バラ科ダイコンソウ属の多年草です。日本や中国が原産です。国内では全土に分布する在来種です。名の由来は、根生葉が大根の葉に似ている事から。ダイコンの名が付いていますが、ダイコン(アブラナ科)の仲間ではなく、バラ科です。

 バラ科(Rosaceae Juss. (1789))は、南極を除く、ほぼ全ての大陸に約107属3100種が分布します。ダイコンソウ属(Geum L. (1753))は、北半球の温帯から亜寒帯に約50種があり、日本には5種が自生します。

 茎や葉には軟毛が密生します。草丈は25~60cm。根生葉は長さ10~20cmの奇数羽状複葉で、鋸歯があります。頂小葉は広卵形で長さ3~6cm、側小葉は倒卵形で鈍鋸歯があります。茎葉は3裂します。

 花期は7月から8月頃で、分枝した茎頂に、径1~2cmで黄色の5弁花を付けます。雄しべと雌しべは多数あります。雌しべの花柱は5~6mmで関節があり、S字形に捻れます。花後に花柱の関節から先が脱落し、鉤状に曲がります。果実は痩果が集まった集合果で、径15mm程の球形。動物に付着して散布されます。染色体数は、2n=42。

 近似種に、本州中部以北に分布するオオダイコンソウ(大大根草)Geum aleppicum Jacq.があり、この集合果は20~25mmの楕円形をしています。

Japanese common name : Daikon-sou
e0038990_22513728.jpg
Geum japonicum Thunb.

e0038990_22515381.jpge0038990_2252334.jpg
左:緑色の雌しべ 右:萼

e0038990_22522892.jpge0038990_2252387.jpg
左:S字型に捻れた花柱の痩果 右:奇数羽状複葉の根生葉。長さ10~20cm


ダイコンソウ(大根草)
バラ科ダイコンソウ属
学名:Geum japonicum Thunb.
花期:7~8月 多年草 草丈:25~60cm 花径:1~2cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Geum : geuo(美味)/ダイコンソウ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
---
Juss. : Adrien Henri Laurent de Jussieu (1797-1853)
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川支流/内牧川上流 2006.08.22
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

30 August 2006
Last modified: 14 March 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-08-30 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/4073605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< キンモンガ(金紋蛾) ヒロヘリアオイラガ(広縁青毒棘蛾) >>