モンシロチョウ(紋白蝶)のイナバウアー
 モンシロチョウがいました。いきなり私の前でイナバウアーをしたので驚きました。そこへオスがやってきたので、事の成り行きが分かり安心しました。私からメスを守る為にオスが応援に駆けつけたという訳ではありません。オスが交尾を仕掛けてきたのですが、振られてしまったのです。蝶は、頭・胸・腹に分かれていますが、腹部を大きく反り返らせる事ができます。

 モンシロチョウ(紋白蝶)は、シロチョウ科シロチョウ亜科モンシロチョウ属の蝶です。温帯と亜寒帯(日本・朝鮮半島・中国・中央アジア・ヨーロッパ)に広く分布します。日本では全国に分布する普通種です。奈良時代に大根の栽培と共に移入されたと考えられている帰化昆虫です。名の由来は、シロチョウの仲間で斑点の紋がある事から。英名は、Small White、あるいはCabbage White。

 シロチョウ科は、ほぼ全ての大陸に約1000種類が分布します。シロチョウ科(Pieridae)は、コバネシロチョウ亜科、マルバネシロチョウ亜科、モンキチョウ亜科、シロチョウ亜科の4亜科に分類されます。モンシロチョウはシロチョウ亜科に属します。

 前後翅の前縁が灰黒色で、前翅中央に灰黒色の斑点が2つあります。オスと比べた場合、メスの黒色紋は大きく鮮明になります。オスの地色は白色に黄色味を帯びますが、メスの地色は白色です。また、前翅の中室に灰黒色が強く出るのもメスの特徴です。紫外線によってメスの翅は白く、オスの翅は黒く見えるようで、これで雌雄の区別をしていると言われています。

 メスが翅を開いて腹部を高く突き出しイナバウアーをするのは、交尾拒否姿勢です。すでに交尾が済んでいる場合に、オスに対する合図として行います。完全変態(卵・幼虫・蛹・成虫)します。卵は黄色で1mm程。1週間ほどで孵化します。幼虫は青虫で、4回の脱皮で体長4cm程になります。蛹は糸のバンドで固定されます。蛹で越冬します。

Japanese common name : Monsiro-tyou
e0038990_22591590.jpg
▲腹部を高く突き出し交尾拒否をするメス
e0038990_22593019.jpg
▲オスが近寄ってきたところ


モンシロチョウ(紋白蝶)
チョウ目(鱗翅目)シロチョウ科シロチョウ亜科モンシロチョウ属
学名:Pieris rapae crucivora (Boisduval, 1836)

e0038990_2163229.gif

出現期:3月~11月(年2~7回)
体長:(開張)45~60mm/(前翅長)20~30mm
分布:北海道・本州・四国・九州・沖縄
食草:アブラナ科(キャベツ・大根)/フウチョウソウ科

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から10km 右岸河川敷 2006.07.14
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 2 September 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-09-02 00:00 | | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/4089900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by なか at 2006-09-03 09:12 x
たまに見かけますが、貴重な瞬間の写真よく取れていますね。
チョウの写真を(デジカメの7倍ズーム)撮っていますが、静止している場面が少なく、なかなかうまく撮れません。

Commented by brizu at 2006-09-04 10:01
今の時代、どこの世界でも
男性は辛いですねぇーー><
Commented by pianix at 2006-09-04 19:21
なかさん、はじめまして

蝶の写真を撮られているようで、すごいなあと思います。
動くもの全般に難しいですね。
私は、目の前に現れて遊んでくれる昆虫だけを撮影しています。
追いかけていると、限りなく時間がかかるようで、その余裕がないからです。
なかさんが撮影された写真を拝見したいのですが、BlogやHPを開設しているようでrしたら教えて下さい。
Commented by pianix at 2006-09-04 19:24
brizuさん

burizuさんに限っては、そんな事もないでしょう。
モテスギも困りものですよ。
男が辛いのは、寅さんも言ってます。(じつは、観た事がありません)
強いて言えば、生物界は生存競争で結構辛そうです。
Commented by なか(ためごろう) at 2006-09-07 23:45 x
動く昆虫の写真を、行動パターンを熟知し撮られている様子参考になりました。
HP【ためごろうの展示室】に興味ある写真を載せています。
蝶はその他に、4種類です。
貴殿のblogを勝手にリンクさせていただきました。
Commented by pianix at 2006-09-08 20:19
なか(ためごろう) さん

リンクありがとうございました。
HPを拝見させて頂きました。クローバーが凄いですね。
蝶の写真も拝見しました。しかし、そこには翼の写真が……
こわ~、飛行機だ。
Commented by なか at 2006-09-08 21:58 x
メスのイナバウワーは大事な部分を使ってオスを誘ってい様子でわないでしょうか。
Commented by pianix at 2006-09-09 12:59
そのように間違えて考えている方も幾分かいるようです。
廣田忠雄博士(山形大学)のHPをご覧下さい。
http://www.tuat.ac.jp/~ethology/Cabbage/
その他の参考に:
「したたかな蝶の生殖戦略」
http://www.cosmos.ne.jp/~miyako-m/htm/penyu/penyu060826.htm
「モンシロチョウの交尾拒否の尻上げ行動」写真
http://commons.wikimedia.org/wiki/Image:Pieris_rapae.jpg
興味がおありでしたら調べて研究なさって下さい。
すでにある研究に対して異論がある場合は、データを示さなければなりません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ウリクサ(瓜草) フユイチゴ(冬苺) >>