スケバハゴロモ(透羽羽衣)
 スケバハゴロモ(透羽羽衣)は、半翅目ハゴロモ科の昆虫で、カメムシの仲間です。本州・四国・九州に分布します。名の由来は、透明な翅を持つハゴロモの仲間である事から。同じハゴロモ科の、ベッコウハゴロモ(鼈甲羽衣)Orosanga japonicus (Melichar, 1898)やアミガサハゴロモ(編笠羽衣)Pochazia albomaculata (Uhler, 1896)と似た姿をしています。

 体長は6mm程度で、翅の後端までが9~10mmです。体は黒褐色で、蝉に似ています。翅は、前翅・後翅の4枚があり、透明で、暗褐色の外縁と脈があります。幼虫は白色糸状の蝋物質を放射状に付けます。ベッコウハゴロモの幼虫が褐色と白色の斑模様なのに対し、スケバハゴロモは薄緑色をしています。

 半翅目は、同翅亜目(ヨコバイ亜目)と異翅亜目(カメムシ亜目)に分けられます。スケバハゴロモは同翅亜目(ヨコバイ亜目)です。この同翅亜目には616種があり、口に相当する部分がどこにあるかという分類で、腹吻群(ふくふんぐん)と頸吻群(けいふんぐん)および鞘吻群(しょうふんぐん)の3群に分けられます。最近では同翅亜目という括り方は使われなくなってきています。

Japanese common name : Sukeba-hagoromo
e0038990_1033376.jpg
Euricania fascialis (Walker, 1858)


スケバハゴロモ(透羽羽衣)
カメムシ目(半翅目)ハゴロモ科
学名:Euricania fascialis (Walker, 1858)

e0038990_2163229.gif

体長:6mm/(翅端まで)9~10mm
出現期:7月~9月
分布:本州・四国・九州
食草:広食性(ウツギ・キイチゴ・クワ・ブドウ)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川支流/内牧川上流 2006.08.23
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 9 September 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-09-09 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/4130270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by brizu at 2006-09-11 13:10
この種類はよく見るとキレイなのがおおいですね。
一昨年うちの周りで、アオハゴロモが大量発生しました。
さすがに大量にいると気持ち悪く、
羽を落としていくのでそれも困りました。
このスケバハゴロモはまだ見たことがありませんので
ここで、見させていただけて、良かったです。
Commented by pianix at 2006-09-11 15:37
brizuさん、毎度どうも

アオバハゴロモに限らず、たくさんいると気持ち悪いですね。
男ばかりの、むさ苦しい中に紅一点がよろしいようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< センリゴマ(千里胡麻/胡面莽) ヤブラン(薮蘭) >>