シオン(紫菀)
 シオン(紫菀)は、キク科シオン属の多年草です。中国が原産と言われ、中国・シベリア・朝鮮半島・日本に分布します。日本では、中国地方以西から九州の一部に野生分布します。朝鮮か中国から薬用植物として移入されたものと考えられ、平安時代には栽培されていた記録があります。乾燥させた根茎や根を鎮痰去痰薬として用います(日本薬局方外生薬規格)。現在は園芸用途で栽培されています。環境省レッドデータブックでは、絶滅危惧II類(VU)で、絶滅の危険が増大している種とされています。

 名の由来は、中国名の紫菀あるいは青苑の音読み。根が紫色を帯びるので紫、菀は草木が繁る意味。別名として、オニノシコグサ(鬼の醜草)、ジュウゴヤソウ(十五夜草)とも。英名は、Tatarian aster。

 キク科(Asteraceae Bercht. et J.Presl (1820))は、世界に約950属2万種が分布し、日本には約70属360種があります。Compositae Giseke, 1792は保留名。シオン属(Aster L. (1753))は世界に約400種あり、その内、北米に250種、日本には約20種が自生します。

 茎は剛毛があり、直立して上部で分枝し、高さ1~2mになります。根生葉は、長さ20~50cmのヘラ状長楕円形で、花期には無くなります。茎葉は互生し、卵形か長楕円形で長さ20~35cm、幅6~10cm。鋸歯があり先端は尖ります。

 花期は、8月から11月頃で、枝先に径30~35mmで淡紫色の頭花を散房状に多数つけます。頭花は、淡紫色の舌状花が周囲1列に並び、中央に長さ6~7mmで黄色の管状花が多数あります。総苞は長さ7~10mmの半球型で、総苞片は槍型で3列に並びます。果実は痩果です。長さ3mm、幅1mm程の倒皮針形で、長さ6mm程の冠毛が付いています。染色体数は、2n=54。

Japanese common name : Sion
e0038990_8464266.jpg
Aster tataricus L.f.

e0038990_8465762.jpge0038990_1150925.jpg
草丈は2m程になり見上げてしまう。茎葉も大きい。


シオン(紫菀)
キク科シオン属
学名:Aster tataricus L.f.
花期:8~11月 多年草 草丈:100~200cm 花径:30~35mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Aster : aster(星)/シオン属
tataricus : ダッタンの・中央アジアの・ソ連タタール州の
L.f. : Carl von Linne, filius (1741-1783)

撮影地:静岡県静岡市
葵区内牧(植栽)
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 27 September 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-09-27 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/4225365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mico at 2006-09-29 06:40 x
シオン秋の野に欠かせない花ですね、
シオンのこといろいろ勉強になりました、
ありがとうございます。
Commented by pianix at 2006-10-03 17:26
micoさん

シオンは草丈があって見上げてしまいますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ハグロソウ(葉黒草) オミナエシ(女郎花) >>