セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁字)
 セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁字)は、シソ科ヤマハッカ属の多年草です。本州の関東や中部地方平洋側に分布する在来種です。名の由来は、丁字形に花冠をつけ、秋咲きである事から。関屋とは、関所の番小屋の事で、関守のいる家。箱根に多く自生していた事から、ここでは箱根の関屋を指しています。英名は、日本語のsekiya-no-akichoujiと呼ばれます。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。ヤマハッカ属(Isodon (Schrader ex Bentham) Spach, 1840)は、日本、中国、ヒマラヤ、東南アジアにかけて96種が分布します。Plectranthus*)やRabdosiaの属名が使われる事があります。

 山地の木陰に生える多年草です。茎は細く、四角柱状で無毛か微軟毛があります。枝分かれして高さ30~90cmになります。葉は対生します。長さ5~15cm、幅2~5cmの長楕円形で基部と先の両端で尖鋭形。鋸歯があり、葉裏に細毛、葉柄は0.5~2cm。

 花期は、9月~10月。枝先や葉腋から10~20cmの円錐花序を出し、多数の花を付けます。花柄は細く、長さ10~25mmで無毛。花は青紫色で、花冠長は12~18mm。長い管状の唇形で、上唇は4裂、下唇は浅く2裂し舟形になります。文字の丁のような花の付き方をします。小包葉に小斑点があります。萼は5裂し裂片は尖ります。雄しべ4個で、二長雄しべ。果実は小堅果で、長さ1.5mmの球形。

 同属のアキチョウジ(秋丁字)は、岐阜県以西に分布し、萼の先が尖らず、花柄に細毛があって10mm以下であることがセキヤノアキチョウジと異なる点です。

Japanese common name : Sekiya-no-akichouji
e0038990_18103337.jpg
Isodon effusa (Maxim.) H.Hara

e0038990_18105296.jpge0038990_18111557.jpg
左:花序 右:花冠後方から:葉序と先端が尖る萼
e0038990_18114599.jpg
花冠横向きの拡大
e0038990_1812721.jpg
花冠先端の拡大:上唇は4裂します
e0038990_18122028.jpg
明るい場所では紫色、暗い場所では青系に見える。2010.11.11


セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁字)
シソ科ヤマハッカ属
学名:Isodon effusus (Maxim.) H.Hara
花期:9月~10月 多年草 草丈:30~90cm 花冠長:12~18mm

e0038990_2163229.gif


【学名解説】
Isodon : iso(等)+dons(歯)/ヤマハッカ属
effusa : effusus(甚だしい開度の・非常に開いた・非常にばらばらの)
Maxim. : Carl Johann Maximowicz (1827-1891)
H.Hara : 原 寛:Hara Hiroshi (1911-1986)
---
*Plectranthus : plectron(距)+ anthos(花)
ヤマハッカ属保留名(Plectranthus L'Heritier, 1788)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川支流/内牧川上流 2006.10.25
安倍城跡(Alt.435m) 2010.11.11
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

2 November 2006
Last modified: 11 November 2010
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-11-02 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/4473312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mico at 2006-11-03 14:36 x
セキヤノアキチョウジまだ一度も見たことがなくて・・・
実物を見てみたいです、
Commented by pianix at 2006-11-04 18:19
micoさん

そちらでは、アキチョウジが見られると思います。秋の気配を感じさせてくれる花で、風情を感じさせてくれます。かといって、じっと見るような花ではないかもしれません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< キチジョウソウ(吉祥草) セイタカアワダチソウ(背高泡立草) >>