キヅタ(木蔦)
 キヅタ(木蔦)は、ウコギ科キヅタ属の常緑低木です。日本・朝鮮に分布します。日本では、北海道南部・本州・四国・九州・沖縄に分布します。名の由来は、木本の蔦であることから。別名のフユヅタ(冬蔦)は、冬にも常緑である事から。

 ウコギ科(Araliaceae Jussi. (1789))は、温帯から熱帯にかけて約50属700種が分布します。キヅタ属(Hedera L. (1753))は、ヨーロッパ、北アフリカ、アジアに分布します。日本には1属1種が自生します。

 茎から気根を出し、地表を這ったり樹木に付着して登ります。葉は互生し、光沢がある革質で全縁、長さ3~6cm、幅2~4cmの楕円形から菱状卵形で先端は鋭頭。若い枝に付く葉は、掌状に浅く3~5裂することもあり、形状の違いがあります。葉柄の長さ2~5cm。葉の付け根には黄褐色の鱗片毛があります。

 花期は、10月から12月頃。散形の花序を出し、10~13個の両生花を付けます。雄性先熟。花径は4~5mm、花被片は5枚で黄緑色。雄しべは5本。同じ長さの花柄が放射状に出るので、花序は半球状に見えます。果実は核果です。紫黒色の球状で、径6~8mmです。染色体数は、2n=48。

 キヅタは、属名のヘデラ(Hedera)や、アイビ(Ivy)ーの呼び方があります。キヅタは日本に自生し、白覆輪の種類は栽培もされます。ヨーロッパに自生する種類のセイヨウキヅタ(西洋木蔦)Hedera helix L.は、英名がイングリッシュアイビー(English ivy)で、葉に黄色の中斑が入るゴールデンハート、白覆輪のグレーシア、白散斑のゴールドダストが主要な品種です。

 北アフリカのカナリー産であるカナリーキヅタHedera canariensis Willd.は、和名オカメヅタで、観葉植物として世界的に栽培され、コルシカ産のコルシカキヅタHedera colchica (C. Koch) C. Kochは大葉の種類です。どの品種も丈夫で、挿し木で容易に繁殖できます。

Japanese common name : Ki-zuta
e0038990_196591.jpg
Hedera rhombea (Miq.) Bean
e0038990_1962349.jpg
気根 (撮影地:安倍川/河口から12.50km左岸)

e0038990_196352.jpge0038990_1964445.jpg
左:11月の花被片が反り返った状態 (撮影地:静岡市牛妻/山道) 右:全体


キヅタ(木蔦)
別名:フユヅタ(冬蔦) 誤記:キズタ
ウコギ科キヅタ属
学名:Hedera rhombea (Miq.) Bean
花期:10~12月 常緑低木(蔓性) 花序長:25~30mm 花径:4~5mm 果期:4~6月

e0038990_2163229.gif


【学名解説】
Hedera : キヅタの古代ラテン名、ギリシャ語でhedra(座)/キヅタ属
rhombea : rhombeus(菱形の)
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)
Bean : William Jackson Bean (1863-1947)

撮影地:静岡県静岡市
葵区追手町 2006.10.13
安倍川/河口から12.50km左岸
葵区牛妻
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 16 November 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-11-16 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/4562022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヤマハッカ(山薄荷) ネナシカズラ(根無葛) >>