ヤマハッカ(山薄荷)
 ヤマハッカ(山薄荷)は、シソ科ヤマハッカ属の多年草です。日本・朝鮮・中国に分布します。日本では、北海道から九州までに分布する在来種です。名の由来は、山に生えハッカに似る事から。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。ヤマハッカ属(Isodon (Schrader ex Bentham) Spach, 1840)は、日本、中国、ヒマラヤ、東南アジアにかけて96種が分布します。Plectranthus[*]やRabdosiaの属名が使われる事があります。

 地下茎は木質化します。茎は4稜(断面四角形)があり、下向きの毛があります。上部で分枝して、高さ60cm~90cmになります。葉は対生します。広卵形で、長さ3~6cm、幅2~4cm。縁は鈍鋸歯、先端は鋭頭から鈍頭です。葉脈に毛があり、葉柄は0.5~3cmで翼があります。

 花期は9月から10月。枝先に2~15cmの穂状花序を出し、青紫色の唇形花1)を数段につけます。花冠は長さ7~9mm。上唇弁2)は4裂して蜜標である紫色の斑紋があり、下唇弁3)は2裂して内側に巻き舟形になります。雄しべは4本で、その内2本が長い二強雄ずいです。雄しべと雌しべ(葯と柱頭)は共に下唇弁に包まれます。蜜を求めに来た虫が下唇弁に乗ると下がり、雄しべと雌しべが現れて花粉を付着させる構造です。子房は花筒の奥にあります。

 染色体数は2n=24。果実は子房が4分裂して十字に割れる分果(mericarp)で4個あり、球形です。名前に関わらず、ハッカの代用にはなりません。上唇に線状の斑点が無いのはイヌヤマハッカ Isodon umbrosus (Maxim.) H.Hara です。

[*]Plectranthus : plectron(距)+ anthos(花)
1)唇形花(しんけいか):合弁花冠の一種。花冠の先が唇状に上下に分かれている花。
2)上唇弁(じょうしんべん):上唇。唇形花の上部分
3)下唇弁(かしんべん):下唇。唇形花の下部分

Japanese common name : Yama-hakka
e0038990_1852555.jpg
Isodon inflexus (Thunb.) Kudô

e0038990_1852166.jpge0038990_18522422.jpg
左:全体 右:葉は対生し、広卵形

e0038990_18525193.jpge0038990_1853272.jpg

左:花冠 右:額
e0038990_1853137.jpg
2011.10.18 安倍城跡


ヤマハッカ(山薄荷)
シソ科ヤマハッカ属
学名:Isodon inflexus (Thunb.) Kudô
花期:9月~10月 多年草 草丈:60~90cm 花冠長:7~9mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Isodon : iso(等)+dons(歯)/ヤマハッカ属
inflexa : inflexus(内曲した)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Kudô : 工藤祐舜 Yushun Kudo (1887-1932)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川水系 内牧川/上流 2006.10.18
安倍城跡 2011.10.18
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

17 November 2006
Last modified: 18 October 2011
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-11-17 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/4571561
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヒキオコシ(引起こし) キヅタ(木蔦) >>