ツチイナゴ(土稲子/土蝗)
 おじさん、こんにちは。遊びに来たよ。僕がおじさんと夏に会った時、まだ幼虫だったけど、ようやく大人になったよ。大人になったら遊びにおいでと言われたけど、おじさんち、ぼろ屋だね。大きなクズの葉っぱがなくて、こんな小さなフジの葉しかないじゃん。掴みにくくてしょうがない。僕の家は大きなクズの葉だぞ。

 えっ? おじさんちはこの葉っぱじゃないのか。泣き虫イナゴなんて悪口言ったので、お返しだよ。僕たちの目は複眼だけど、その下に黒い筋があるので泣いているように見えるのかな。毛深いって? そりゃあ、日本に住む僕たちは毛深いけど、南に住むタイワンツチイナゴは毛深くないよ。僕たちは、このまま越冬しなくちゃあならないから、毛深い方が良いんだよ。他のバッタ君達は卵で越冬するからつまらないぞ。冬はね、枯れ草の中で春を待つんだ。6月頃まで生きられるかもしれない。だから夏は子供ばかりなんだ。

 名前が格好良いだろう。パタンガ・ヤポーニカ! 日本のイナゴ。japonicaは日本の事だけど、どっこい僕らの仲間は、中国やインドにまでいるんだ。日本ではツチイナゴと呼ばれているけど、土色をしたイナゴで、そのまんまじゃん。おじさんはこれから葉っぱの観察に出かけるんだね。来年の僕たちの子供とも遊んでやってね。じゃあね。

参考:夏に出会ったツチイナゴのこども

Japanese common name : Tuti-inago
e0038990_2161467.jpg
Patanga japonica (Bolivar, 1898)

e0038990_2163139.jpge0038990_1351841.jpg
左:2006.11.14 右:2017.06.05


ツチイナゴ(土稲子/土蝗)
バッタ目(直翅目)イナゴ科ツチイナゴ亜科ツチイナゴ属
学名:Patanga japonica (Bolivar, 1898)

e0038990_2163229.gif

体長:♂50~55mm/♀50~70mm
出現期:3~7月/10~11月
分布:本州・四国・九州・沖縄
食草:クズの葉、カナムグラ

撮影地:静岡県静岡市
自宅 2006.11.14
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

23 November 2006
Last modified: 18 June 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-11-23 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/4602742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by J,J at 2006-11-30 07:46 x
こんにちは、いかがですか。
感動しました。
Commented by pianix at 2006-12-02 15:09
J.Jさん

元気ですよ。
野草観察と称して散歩に出るのですが、実際は日向ぼっこ。
ところが寒いところにいる事が多くなり、鼻水を出しながら回っている事が多くなりました。
写真が溢れかえってしまい、その整理に時間を取られています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ザクロソウ(柘榴草) チカラシバ(力芝) >>