ウナギツカミ(鰻攫)
 ウナギツカミ(鰻攫)は、タデ科イヌタデ属の1年草です。日本・朝鮮・中国・シベリアに分布します。国内では北海道から九州に分布します。名の由来は、茎に棘があり、ウナギ(鰻)でも掴む事ができるとの例えから。

 タデ科(Polygonaceae Juss. (1789))は北半球に約40属800種があります。タデ科の特徴は、葉柄の基部の托葉が茎を包む形の托葉鞘となる事です。イヌタデ属(Persicaria (L.) P.Miller, 1754)は北半球に約100種あり、日本には約30種があります。

 水湿地に生育します。茎は4稜(断面が四角形)があります。地を這い、分枝しながら茎や葉柄にある下向きの棘によって他の植物に引っ掛けながら成長し、高さ60~100cmになります。葉の付け根にある托葉鞘1)は、長さ0.7~1cmの筒形。葉は、互生します。長さ5cm~10cmの卵状披針形から長被針形で、先端は鋭頭、基部が耳状に張り出し茎を取り巻くような形の、やじり(矢尻|鏃)形です。せんけい(箭形)とも言います。

 花期は7月から11月頃。茎の先端や葉腋から枝分かれして、その先端に小花が数十個集まった頭状花序を出します。花柄は無毛。小花は花弁はなく、白色で先端が淡紅色の深く5裂した萼の花被があり、花径は3~4mm。果実は痩果です。染色体数は、2n=36。

 類似種に、
シロバナウナギツカミ(白花鰻攫)Persicaria sagittata (L.) H.Gross f. viridialba (Honda) H.Hara
ヤノネグサ(矢の根草)Persicaria muricata (Meisn.) Nemoto
があります。

1)托葉鞘(たくようしょう、ochrea):托葉が癒合して鞘状となり茎を取り巻くもの。
托葉(たくよう、stipule):葉の基部ある葉に似た器官で、芽生えの葉身を保護する。
葉鞘(ようしょう、leaf sheath):葉の基部で茎を取り巻いている部分。

Japanese common name : unagi-tukami
e0038990_1692498.jpg
Persicaria sagittata (L.) H.Gross var. sibirica (Meisn.) Miyabe

e0038990_169385.jpge0038990_1694613.jpg
左:葉は矢じり形 右:下向きの棘


ウナギツカミ(鰻攫)
別名:アキノウナギツカミ(秋の鰻攫)
タデ科イヌタデ属
学名:Persicaria sagittata (L.) H.Gross var. sibirica (Meisn.) Miyabe
synonym : Persicaria sieboldii (Meisn.) Ohki
花期:7月~11月 1年草 草丈:60~100cm 花被長:3mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Persicaria : persica(モモ)に似ている/タデ科
sagittata : sagittatus(ヤジリ形の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
H.Gross : Hugo Gross (1888-1968)
var. : varietas(変種)
sibirica : sibiricus(シベリアの)
Meisn. : Carl Daniel Friedrich Meisner (1800-1874)
Miyabe : 宮部金吾 Kingo Miyabe (1860-1951)
---
*synonym : Persicaria sieboldii (Meisn.) Ohki
sieboldii : Philipp Franz von Siebold (1796-1866)に因む
Ohki : 大木麟一 Kiichi Ohki (1882-?)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から0.00km 左岸河川敷 2006.11.09
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

25 November 2006
Last modified: 05 March 2015 (Scientific name update)
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-11-25 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/4614638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< イシミカワ ザクロソウ(柘榴草) >>