アルストロエメリア(Alstroemeria)
 この花の写真が、ある植物図鑑の表紙に載っていました。しかし、どこにも名前が記載されていないばかりか、本文にも掲載されていません。あまりの不親切さに唖然としました。

 日持ちするので切り花としても使われ、よく見かける花です。花屋に行けば分かるのでしょうが、その花屋にも表示がありませんでした。それで、しばらく名前が分からないままになっていました。南アメリカが原産です。

 アルストロエメリア(ユリズイセン)科(Alstroemeriaceae Dumort. (1829))は、4属約200種程があり、アルストロエメリア(ユリズイセン)属(Alstroemeria L. (1762))は、約50種があるとされています。

 染色体数は、2n=2X=16 (Breeding Science 52:27-33 (2002)

e0038990_10244421.jpg
Alstroemeria ligtu L. hyb.


アルストロエメリア(Alstroemeria)
別名:アルストロメリア
ユリズイセン科アルストロエメリア属(ユリズイセン属)
学名:Alstroemeria ligtu L. hyb.
花期:3月~6月 多年草 草丈:30~80cm 花径:4~8cm

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Alstroemeria : Clas Alströmer (1736-1794)に因む/アルストロエメリア属
ligtu : ペルーリリーのチリ語方言
L. : Carl von Linne (1707-1778)
hyb. : hybrid(交配種)
---
cv. : cultivana varietas(園芸品種)

撮影地:静岡県静岡市
静岡市葵区牛妻 2005.07.11
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

10 August 2005
Last modified: 19 March 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-10 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/463589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< サルスベリ(猿滑) ジュズダマ(数珠玉) >>