ウツボグサ(靭草)
 ウツボグサ(靭草)は、シソ科ウツボグサ属の多年草です。海のウツボを思い出して恐そうな名前ですが、矢を入れる道具の「靭」に似ているところからつけられたようです。葉は対生、茎は四角。花穂を乾燥させたものが生薬の夏枯草(利尿・消炎薬)。

 ふと思い出し、以前咲いていた所を探し回ったのですが、姿が見えませんでした。これは残念と思っていたら、近くの土手斜面にたくさん咲いていました。ラッキーでした。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。オドリコソウ属Lamiumに由来する名です。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。ウツボグサ属(Prunella L. (1753))は約7種が分布します。

参考:ハナトラノオ(花虎の尾) メハジキ(目弾) ハッカ(薄荷) ホトケノザ(仏の座) ヒメオドリコソウ(姫踊子草)

Japanese common name : Utubo-gusa
e0038990_104412100.jpg
Prunella vulgaris L. subsp. asiatica (Nakai) H.Hara


ウツボグサ(靭草)
別名:カゴソウ(夏枯草)=生薬名
シソ科ウツボグサ属
学名: Prunella vulgaris L. subsp. asiatica (Nakai) H.Hara
synonym : Prunella vulgaris L. var. lilacina Nakai
花期:6月~8月 多年草 草丈:10~30cm 花穂:2~8cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Prunella : 扁桃腺炎Brunellaに効果がある事から/ウツボグサ属
vulgaris : vulgaris(普通の・通常の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
subsp. : subspecies(亜種)
asiatica : asiaticus(アジアの)
Nakai : 中井猛之進 Takenoshin Nakai (1882-1952)
H.Hara : 原 寛 Hiroshi Hara (1911-1986)
---
*Prunella vulgaris L. subsp. asiatica (Nakai) H.Hara var. lilacina Nakai f. asiatica (Nakai) H.Hara
var. : varietas(変種)
lilacina : lilacinus(藤色の)
f. : forma(品種)

撮影地;静岡県静岡市
安倍川/河口から8.30km付近 左岸土手 2005.06.01

1 June 2005, 23 May 2010
Last modified: 20 March 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-06-01 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/464045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ゼニアオイ(銭葵) 要注意外来生物カテゴリー >>