タチアオイ(立葵)
 梅雨入りが近づいた、どんよりとした曇り空の日。静岡の入梅日は6月8日が平均だそうです。今は、梅雨の走り。野草を観察に行っても、いつ降り出すかと心配になってしまいます。植物は、雨が降ろうと風が吹こうと、じっと耐えます。というよりも、雨は恵み。そんな植物のまっただ中で、この時期を嫌う私だけが異質なのは確かです。

 私は、自生する植物が好きです。ところが、自生するからこそ人間に嫌われるという側面があります。それを理解しないと摩擦が起きてしまいます。人間に都合の良いものと悪いものがあり、都合の悪いものの内、人間がコントロールできないものが嫌われるのです。それを雑草と呼び、お百姓さん達は日々戦っています。彼らが雑草に愚痴を言いたくなるのも分かります。人間にも似たような所があり、自分で生きていける人や信念の強い人は嫌われる存在になってしまうことがあります。アウトロー=雑草の図式です。それを理解した上で、なおかつ私は自生する野草が好きなのです。

 タチアオイが色とりどりに背丈を伸ばして花を咲かせています。晴れた日のタチアオイは元気そうです。曇りの日は優しそうに見えます。タチアオイは静岡市の市花になっています。

Japanese common name : Tati-aoi
e0038990_2372778.jpg
Alcea rosea L.


タチアオイ(立葵)
別名:ホリホック/ハナアオイ(花葵)
アオイ科タチアオイ属
学名:Alcea rosea L.
synonym : Althaea rosea (L.) Cav.
花期:6月~8月 2年草 草丈:1~2m 花径:7~10cm

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Alcea : altheo(治す)/タチアオイ属(Alcea L. (1753))
rosea : roseus(バラ色の、淡紅色の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
---
Althaea : althaino(治療)/ビロードアオイ属

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から10km 左岸河川敷 2005.06.03
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

5 June 2005
Last modified: 12 June 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-06-05 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/464195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ムシトリナデシコ(虫取撫子) ウンシュウミカン(温州蜜柑) >>