イシミカワ
 イシミカワは、タデ科イヌタデ属の1年草です。アジアに広く分布し、国内では全国に分布します。名の由来は不明です。従って漢字表記も、石見川・石実皮・石膠・杠板帰(中国名)、と多種に及びます。

 タデ科(Polygonaceae Juss. 1789)は北半球に約40属800種があります。タデ科の特徴は、葉柄の基部の托葉が茎を包む形の托葉鞘(たくようしょう)となる事です。イヌタデ属(Persicaria (C. Linnaeus) P.Miller, 1754)は北半球に約100種あり、日本には約30種があります。旧属名はPolygonumで、polys(多い)+ gonu(節)の意味を持ち、節が関節のように膨れる事に因みます。

 茎は無毛の蔓状で下向きの鋭い刺(逆刺)が密生し、他の植物に絡みつきながら分枝して、長さ100~200cm以上になります。葉は互生します。淡緑色の三角形で、長さ2~4cm。基部は矢じり形です。葉の基部に楯状の葉柄が付きます。葉柄や葉裏の主脈上にも棘があります。上部に付く托葉鞘は円形の葉状となります。

 枝先に1~2cmの総状花序を出し、長さ3~4mmで淡緑白色の目立たない花を10~20個ほど付けます。花弁はなく、深く5裂した広楕円形の花被(萼)に包まれていて、ほとんど開きません。雄しべと雌しべは同じ長さです。花序の基部には、茎を貫通した円形で葉状の苞があります。

 果実は痩果です。外花被片は多肉化して痩果を包み、球形となります。初め緑白色で、熟す毎に、紅紫色・青藍色(コバルトブルー)へと変化します。苞の上に果実が乗った独特の形になり、一見硬そうな果実は果汁が含まれて軟らかいです。痩果は光沢がある黒色で、約3mm程。染色体数は、2n=24。

Japanese common name : Isimikawa
e0038990_15563512.jpg
Persicaria perfoliata (L.) H. Gross

e0038990_15564737.jpge0038990_15565647.jpg
左:果実 右:葉と茎の棘

e0038990_15584932.jpge0038990_1559238.jpg
左:三角形の葉(裏) 右:円形葉状の托葉鞘(裏)

e0038990_15592859.jpge0038990_15594128.jpg
左:黒色の痩果が一部露出している 右:花後の状態


イシミカワ
タデ科イヌタデ属
学名:Persicaria perfoliata (L.) H.Gross
花期:7月~10月 1年草 草丈:100~200cm(蔓性) 花被片長:3~4mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Persicaria : persica(モモ)に似ている/イヌタデ属
perfoliata : perfoliatus(貫生葉の・抱茎の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
H.Gross : Hugo Gross (1888-1968)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から5.75km 右岸河川敷 2006.11.14
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 30 November 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-11-30 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/4651515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< イヌタデ(犬蓼) ウナギツカミ(鰻攫) >>