イヌタデ(犬蓼)
 イヌタデ(犬蓼)は、タデ科イヌタデ属の1年草です。朝鮮・中国や千島・樺太に分布し、国内では北海道から沖縄までの全国に分布する在来種(史前帰化植物)です。名の由来は、ヤナギタデ(柳蓼)のような葉に辛み成分を持たず、香辛料として使えないので、役に立たない意味でのイヌ(犬)を付けたもの。通常、タデと言えばヤナギタデを指す事になります。別名のアカマンマ(赤まんま)は、花被を赤飯に見立てたもの。

 タデ科(Polygonaceae Juss. (1789))は北半球に約40属800種があります。タデ科の特徴は、葉柄の基部の托葉が茎を包む形の托葉鞘(たくようしょう)となる事です。イヌタデ属(Persicaria (L.) P. Miller, 1754)は北半球に約100種あり、日本には約30種があります。旧属名はPolygonumで、polys(多い)+ gonu(節)の意味を持ち、節が関節のように膨れる事に因みます。

 茎は赤味を帯びます。下部は地を這い、節から根を出し、高さ20~50cmになります。葉は互生します。長さ3~8cm、幅1~2.5cmの広披針形から披針形で、先端が尖ります。葉表の縁や裏面の葉脈上に毛があります。托葉鞘は筒形で長さ7~8mm、托葉鞘と同じ長さの剛毛が縁に付きます。

 花期は、7月から11月頃。茎の先に1~5cmの穂状花序を出し、紅色の花を多数付けます。稀に白花種があります。花弁に見えるのは萼が5裂したもので、花弁はありません。花被の長さは1.5~2mm。雄しべは通常8個、雌しべの柱頭は3裂します。果実は痩果です。花後の花被が痩果を包みます。種子は3稜形で、光沢がある黒色です。染色体数は、2n=40。

 類似種として、白花品種のシロバナイヌタデ(白花犬蓼)Persicaria longiseta (Bruijn) Kitag. f. albiflora (Honda) Masam. 、イヌタデよりも大きくなるオオイヌタデ(大犬蓼)Persicaria lapathifolia (L.) Delarbre var. lapathifolia があります。

Japanese common name : Inu-tade
e0038990_1993872.jpg
Persicaria longiseta (Bruijn) Kitag.

e0038990_1546570.jpge0038990_15461914.jpg

左:托葉鞘/10月 右:托葉鞘/12月

e0038990_15491478.jpge0038990_15492717.jpg
左:光沢がある黒い種子が見える 右:花
e0038990_15493917.jpg
シロバナイヌタデ(白花犬蓼)
Persicaria longiseta (Bruijn) Kitag. f. albiflora (Honda) Masam.


イヌタデ(犬蓼)
別名:アカマンマ(赤まんま)
タデ科イヌタデ属
学名:Persicaria longiseta (Bruijn) Kitag.
花期:7月~11月 1年草 草丈:20~50cm 花径:2~3mm 花序長:1~5cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Persicaria : persica(モモ)に似る/イヌタデ属
longiseta : longius(長い)+seta(刺毛)
Bruijn : Ary Johannesde Bruijn (1811-1895)
Kitag. : 北川政夫 Masao Kitagawa (1909-1995)
---
f. : forma(品種)
albiflora : albiflorus(白花の)
Honda : 本田政次 Masaji Honda (1887-1984)
Masam. : 正宗厳敬 Genkei Masamune (1899-1993)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.10.12 / 12.04
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

4 December 2006, 07 April 2014
Last modified: 16 June 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-12-04 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/4675547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by stcl at 2006-12-05 11:50
はじめまして。とても参考になります。こんなふうに身近な草花って、意外にも調べにくいものですから。リンクさせていただきます。
Commented by pianix at 2006-12-05 15:08
stclさん

初めまして。ブログを拝見したら「エキサイトブログ」にも登録して頂いてありました。ありがとうございました。

身近な草花は、確かに、当たり前すぎて気にも留めませんね。
そして、分からない事ばかりです。人間も同様かもしれません。
近くにいる人、例えば父親・母親は当たり前の存在ですが、知らない事が多くあります。

それで、ここに書いた事も必要最低限の要素ばかりです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヤマトリカブト(山鳥兜) イシミカワ >>