静岡市風力発電施設
 競歩の練習で安倍川土手を使用していた時期がありました。往復20kmの距離を週1度の割合で楽しんでいました。折り返し点は、安倍川河口です。富士山や海が見えます。浜辺まで出ると、天気さえ良ければ東に伊豆半島、西に御前崎の岬が見えます。この区間をしばらく使用しないでいたら、いつの間にか風力発電設備が作られていました。青い空に低音の風切り音を唸らせながらプロペラが回っていました。風と波の音だけだった浜辺でしたから、この唸り音には驚きました。

 電気の使用量が上がるたびに発電施設は作られてきました。水力発電、火力発電、原子力発電など形態は様々です。風力発電は風を利用するので、発電原材料は無料で公害も出さないと期待されています。しかし、風が吹かなければ発電できず、ある程度の自然任せ的な部分は否めません。最近問題になっているのは、バードストライクです。鳥が衝突して死亡する事故を言います。猛禽類などの渡り鳥がプロペラに衝突してしまう理由は、接近すると風車が見えなくなる事に原因があると言われています。風車の先端部分は200km/hに達する事があるからです。これを避ける為に、羽根を着色する、ライトアップするなどが検討されています。事故例報告の件数は少ないものの、絶滅危惧種がいる地域では問題となります。渡り鳥のルートに位置する設備では頭を悩ます事になります。鳥が接近したら、レーダーを設置するか遠隔装置によって設備を停止する方法も検討されています。発電効率の点で不利になりますが、風力発電が持つ宿命なのかもしれません。

 静岡市に設置された風力発電装置は、ドイツのリパワーシステムズ社製で、MD-70という型番です。風力発電装置は、タワーに設置されます。タワーの高さは、羽根の中央部までが65mで、羽根の最高到達点は100mです。羽根はブレードと呼ばれ、3枚あります。ブレード1枚の長さは35mで、直径は70mです。アップウインド方式で、常に風に正対するように向きを変えます。ブレードの中央部は、ハブと呼ばれ、ブレードの角度を変えるモーターが3台付属しています。これは風速によって最適な回転を得られるようにする仕組みになっています。ブレードの後方に発電機があり、ナセルと呼ばれます。ナセルは回転増幅器であるギアが組み込まれていて、1500kW/hの発電が可能です。ナセルには風向計と風力計が設置されています。タワーの下部には変圧装置があり、プラントパッケージと呼ばれます。予想発電量は、年間で約250万kW/hです。これは、一般家庭の電力量700世帯分に相当します。実際には、発電量の全量が中島浄化センターの電力の一部(年間消費電力の約20%弱)として使われています。

e0038990_1545985.jpg
REpower MD70
e0038990_1551369.jpg
安倍川河口0km地点から。下に見える葉は、キョウチクトウ(夾竹桃)。 2005.09.14
e0038990_1552942.jpg
ナセルにあるマークは静岡市市章 2007.03.12
e0038990_1554364.jpg
静岡市中島浄化センター(下水処理場) 2005.04.21


風力発電施設(愛称:風電君)
機種:REpower社 MD70/ドイツ製

定格:巻線形誘導発電機 出力1500kw
定格風速:13m/s 発電最小風速:3.5m/s 停止風速:25m/s以上
ブレード:プロペラ形3枚 直径:70m 回転数:10.6~19.0回/毎分
タワー:モノポール鋼管タワー 地上高:65m(プロペラ中央部)/100m(最高到達点)
年間推定発電量:256万kWh
設置場所:静岡市駿河区中島1711番地の1(中島浄化センター敷地内)
設置:2004(平成16)年3月 設置者:静岡市 総事業費:約3億5000万円
見学申し込み:静岡市コールセンター 054-200-4894/静岡市環境政策課 054-221-1357

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から100m左岸、及び浜辺 2005.04.21, 2005.09.14, 2007.03.12
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

29 December 2006
Last modified: 12 March 2007
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-12-29 00:00 | 風景 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/4813413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by stcl at 2007-01-08 09:55
うつくしいフォルムですね。自然の力を利用するものは、ほんとうにムダのない形をしています。
とはいいつつ、下の下水処理場のイカツい感じも相当好きなのですが(笑)
Commented by pianix at 2007-01-16 20:04
stclさん
あれっ? stclさんの素材を活かした造形のほうが美しいと思っているので意外な感じがしました。とは言え、無駄のない形に美しさを感じるのは分かる気がします。

私自身は、物の美しさに鈍感なところがあります。ですから花に関しては見た目の美しさを求めないようにしています。そこに咲いているだけという生命力の美しさには感嘆しています。特に野草などは、必死に行きようとしている姿に愛着を感じています。

下水処理場は、何となく退廃した近未来の映画を思い起こさせますね。人間が汚してしまったものの後始末をする姿でしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ハナユ(花柚)/ヤーコン(ya... ヤマトリカブト(山鳥兜) >>