早春の野草・その2
 ■全て4月以降が花期ですが、キク科の野草は元気です。ノゲシ(野芥子)は、オニノゲシ(鬼野芥子)と異なり葉が柔らかです。生育は地質に影響されるようで、畑に生えたものは草丈が2m程もありました。

Japanese common name : Nogesi
e0038990_9235074.jpg
Sonchus oleraceus L.
e0038990_924758.jpg


ノゲシ(野芥子)
別名:ハルノノゲシ(春の野芥子)
キク科ノゲシ属
学名:Sonchus oleraceus L.
花期:4月~8月 2年草(越年草) 草丈:50~100cm 花径:2~3cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Sonchus : アザミなどを一括したギリシャ古名/ノゲシ属
oleraceus : 食用蔬菜の・畑に栽培の
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から12.50km 左岸土手 2007.01.18



 ■コウゾリナ(髪剃菜)は、気温が低くなると茎が暗褐色になります。ざらついた茎の棘は、よりはっきりとして、総苞は黒っぽく見えます。土手にたくさん咲きますが、初冬に草刈りされてしまいます。その後、切られた茎から逞しく成長して花を付けるものが多くあります。

Japanese common name : Kouzori-na
e0038990_9245082.jpg
Picris hieracioides L. subsp. japonica (Thunb.) Krylov
e0038990_925670.jpg
痩果


コウゾリナ(髪剃菜)
別名:剃刀菜(カミソリナ)
キク科コウゾリナ属
学名:Picris hieracioides L. subsp. japonica (Thunb.) Krylov
花期:5月~10月 2年草 草丈:30~100cm 花径:20~25mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Picris : picros(苦い)/コウゾリナ属
hieracioides : Hieracium(ミヤマコウゾリナ属)+oides(似た)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
subsp. : subspecies(亜種)
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Krylov : Porphyry Nikitic Krylov (1850-1931)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から11.25km 左岸土手 2007.01.18



 ■オオジシバリ(大地縛)は、ジシバリ(地縛)よりも大型である事から名が付けられています。頭花の大きさは、ジシバリが20~25mmで、オオジシバリは25~30mmです。一番の違いは葉の形状です。ジシバリが卵円形から広卵形の丸みを帯びた葉であるのに対し、オオジシバリは倒披針形からヘラ状楕円形と細長く、羽状の切れ込みが見られるものがあります。花柱の先端が丸く巻いているのは、他家受粉できなかった為に同花受粉したからです。

Japanese common name : Oo-zisibari
e0038990_9252555.jpg
Ixeris debilis A.Gray

e0038990_9254435.jpge0038990_9255585.jpg

左:頭花 右:萼
e0038990_926116.jpg
花柱の先端が丸く巻いているのは、他家受粉できなかった為に同花受粉したから。


オオジシバリ(大地縛)
別名:ツルニガナ(蔓苦菜)
キク科ニガナ属
学名:Ixeris debilis A.Gray
花期:4月~6月 多年草 草丈:10~30cm 花径:25~30mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Ixeris : 語源不明/ニガナ属
debilis : 弱小な・軟弱な・脆弱な
A.Gray : Asa Gray (1810-1888)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川支流/久住谷川 2007.01.25

Last modified: 27 January 2007
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-01-27 00:00 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/5026526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by stcl at 2007-01-30 09:23
コウゾリナの種子、うつくしいなあ。あんなにたくましいノゲシを見るのもはじめてです。いつも勉強になります。
Commented by pianix at 2007-01-30 16:07
stclさん、こんにちは。
 コウゾリナの種子に美しさを感じるのは、stclさんが芸術家だからなのでしょうね。
 野草は逞しいですね。逞しすぎて嫌われる事もありますね。逞しいというのは、生きる意欲が強いという事なのでしょうね。私が見習いたいところのひとつです。
 stclさんのように美的感覚の鋭い方に見てもらうのは、とても恥ずかしいです。何枚写しても納得できる写真が撮れないからです。ということで、「いつも勉強になります」と言われて、いつも勉強になるのは私自身という事になります。ありがとう。
Commented by namiheiii at 2007-02-02 14:09
驚きました。もうノゲシ、オオジシバリやコウゾリナまで咲いているのですね。タネまでつけて!
Commented by pianix at 2007-02-03 17:18
namiheiiiさん
静岡では、オオジシバリは結構早くから咲きます。
ノゲシは、昨年から頑張っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 早春の野草・その3 早春の野草・その1 >>