ヒマワリ(向日葵)
 河川敷に植えられたヒマワリは巨大な花をつけました。花の直径は30cmを超えています。背丈は見上げるほどあります。茎は大人の腕の太さほど。ロシアヒマワリですね。ヒマワリが咲くと夏到来を感じさせてくれます。明るい感じがして私は好きです。

 周囲を飾る舌状花は花びらと子房からなり、中心の管状花(筒状花)は雄しべ・雌しべ・花びら・子房で成り立っています。開花を観察すると、周りの花びらが握った手を解くように1枚ずつ開き、中心の管状花は外周から咲き始めます。種が熟すると、その重みで下向きになりますが、あまりにも重いと地面へ倒れ込むほどになります。

 大別すると、草丈の高い大輪一重咲き、中輪八重咲き、ヒメヒマワリ(Helianthus debilis)があります。ロシアヒマワリは草丈200~300cmで花径20~30cm、「太陽」は草丈150~200cmで花径15~20cm、「サンゴールド」は草丈150~200cmで花径15~20cmの八重咲き、「ピグミー・ドワーフ」は草丈30~50cmで花径15cm程、ヒメヒマワリは花径10~20cmの切り花用、などが主な品種です。

Japanese common name : Himawari
e0038990_1242533.jpg
Helianthus annuus L.


ヒマワリ(向日葵)
別名:ニチリンソウ(日輪草)/ヒグルマ(日車)
キク科ヒマワリ属
学名:Helianthus annuus L.
花期:7月~9月 1年草 草丈:80~300cm 花径:10~30cm

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Helianthus : helios(太陽)+anthos(花)
annuus : 一年生の
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.25km 左岸河川敷 2005.08.09
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 14 August 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-14 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/512717
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yamome516 at 2005-08-22 15:44
いや~!素晴らしい写真ですね中心にある花の一つ一つが、実に鮮明です!これならら、とても良くわかります。
Commented by pianix at 2005-08-22 23:00
なんて言ってくれるのはyamome516さんぐらいです。
ありがとうございます。
このヒマワリは、今は種がしっかり見えるようになりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< キアゲハ(黄揚羽蝶)-1 シオカラトンボ(塩辛蜻蛉) >>