セイヨウアブラナ(西洋油菜)
 セイヨウアブラナ(西洋油菜)は、アブラナ科アブラナ属の1年草です。北ヨーロッパからシベリアにかけてが原産の帰化植物です。明治初期に栽培目的で導入され、逸出して野生化しました。日本全国に分布します。名の由来は、ヨーロッパから導入したアブラナから。アブラナは、油を取る菜であることから。別名はヨウシュナタネ(洋種菜種)。ナタネ(菜種)は、本来はアブラナの種子を指します。英名は、rape colza。

 アブラナ属全般をナノハナ(菜の花)と呼ぶ場合があります。双子葉綱ケシ目のアブラナ科(Cruciferae Juss. (1789))は、世界の温帯を中心に約370属4000種が知られています。日本には100種以上があります。科名は十字架を意味し、4弁の十字状の花を付ける事に由来します。以前は十字花科とされていました。アブラナ属(Brassica L. (1753))は、地中海周辺から中央アジアアジアが原産と考えられています。この属には、キャベツ・カリフラワー・ハクサイ・カブ等の野菜類が多くあります。

 草丈は50~100cmになります。茎や葉には蝋質の白粉があり水を弾きます。葉は柄が無く茎を抱きます。下葉の葉脈上には剛毛があります。茎は無毛の白緑色で直立し、総状花序を付けます。下から順に咲く無限花序です。(上から下へと咲くのは有限花序)。花弁は黄色で長さ10~18mm。4枚が十字状につきます。萼片は斜めに立ちます。雄しべは6本あり、4本が長く2本は短い4強雄しべ(4長雄しべ)です。蕾の時は内向きで、開花時に外向きになります。雄しべ1本に花粉袋2個が付き、熟すと縦に割れ、袋が裏返しになって花粉を出します。子房上位で、子房の下には緑色の蜜腺が4個あります。

 果実は長さ5~10cmの長角果(ちょうかくか)です。2部屋に分かれ、熟すと下から2裂します。長さ10cm程の長角果にある種子は、1部屋に10~15粒あります。種子は黒褐色で黒種と呼ばれます。直径は約1mmで重量は約4mg。15度以上で発芽します。種子を搾ったのが菜種油で、含油量は約40%。染色体数は、複二倍体(amphidiploid)である、2n=4x=38。類似種に、日本在来種のアブラナ(油菜)Brassica campestris L.があり、萼片は開出し、種子は褐色で赤種と呼ばれます。

 遺伝子組換えナタネ種子が1997年から輸入され流通しています。これが逸出して、2003年頃から港などでの自生が確認されています。アブラナ科植物は交雑しやすい性質があり、交配による遺伝子攪乱の危険性が指摘されています。

Japanese common name : Seiyou-aburana
e0038990_11535045.jpg
Brassica napus L.

e0038990_1154122.jpge0038990_11541172.jpg
左:花冠 右:子房の下の蜜腺は緑色で4個ある

e0038990_1154247.jpge0038990_11543431.jpg
右:葉の基部は茎を抱く 左:果実は長角果


セイヨウアブラナ(西洋油菜)
別名:ヨウシュナタネ(洋種菜種)
アブラナ科アブラナ属
学名:Brassica napus L.
花期:3月~5月 1年草(越年草) 草丈:50~100cm 花径:約2cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Brassica : キャベツの古いラテン語/アブラナ属
napus : カブラ(蕪)のラテン名
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
藁科川(安倍川水系) 河口から1.5km/左岸 2007.01.31
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 21 March 2007
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-03-21 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/5372361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nabe at 2007-03-23 12:15 x
最近、川原でアブラナ科の黄色い花を見かけます。多くは、セイヨウカラシナと説明しておりますが、このセイヨウアブラナとは葉と葉の付き具合が区別と分かりましたが、他の似たものの区別方法は無いものでしょうか?悩んでいます。
Commented by pianix at 2007-04-05 21:36
nabeさん

本当にアブラナ科は分かりづらいですね。例えば花だけのマクロ写真を見せられても困ってしまいますね。
私の住んでいる所の河原には、セイヨウアブラナとセイヨウカラシナばかりのようですから良いのですが、畑へ行くと訳が分からなくなります。ダイコンだけは花色が違うので区別は簡単ですが。というかダイコンの首が見えている場合がほとんどですから。農作物であるのなら、栽培者に聞いてみるのが一番手っ取り早い方法ですね。
私は、何だろうと悩むのが楽しみです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< スルガテンナンショウ(駿河天南星) ツバメシジミ(燕小灰蝶) >>