スクミリンゴガイ(竦み林檎貝/卵)
 水田に水が張られたばかりの頃、小さなイネの茎に赤いつぶつぶが付いているのを見た事がありました。虫こぶの一種かなと思っていたのですが違いました。南米原産の淡水産大型巻貝であるリンゴガイ科のスクミリンゴガイ(竦み林檎貝)の卵だったのです。俗称ジャンボタニシ。

 1979年ごろにアルゼンチンから台湾に食用として輸入され、1981年に台湾から長崎県と和歌山県に貝が導入されたようです。これが野生化しイネに被害をもたらし始めたので、1984年に農水省が植物防疫法上有害動物に指定し、海外からの輸入を禁止しました。この貝には人体にも寄生する広東住血線虫(Angiostrongylus cantonensis)が発見されているようです。25℃の場合は約2週間で孵化、繁殖は4月中旬~10月上旬頃。

参考:スクミリンゴガイHP

Japanese common name : Sukumi-ringogai
e0038990_1324773.jpg
Pomacea canaliculata Lamarck, 1819


スクミリンゴガイ(竦み林檎貝)
俗称:ジャンボタニシ/アップルスネイル(Apple snail)
腹足類 中腹足目 リンゴガイ科リンゴガイ属
学名:Pomacea canaliculata Lamarck, 1819

食草:イネ、レンコン、タイモ、イグサ、ハトムギ、マコモ、セリ、ヒシ
英名:Apple snail, Golden apple snail, Channeled applesnail

撮影地:静岡県静岡市
葵区与左衛門新田 2005.08.15
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 17 August 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-17 00:00 | その他の生物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/544436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yamome516 at 2005-08-22 15:41
始めまして、これ初めて見ました。それにしても、写真と、解説が、素晴らしいですね!勉強になりました。ありがとうございます。
Commented by pianix at 2005-08-22 22:56
yamome516さん、今晩は。

富楼那日記(ふるなにっき)を拝見致しました。済んでいる場所が違うのに、カメラを向ける視点が似ているかなと思いました。エキサイトブログにも登録ありがとうございました。スクミリンゴガイの卵を始めて見られたのでしょうか。稲は当たり前すぎて通り過ぎてしまいますが、結構見つかると思います。

今後ともご指導よろしくお願い致します。
Commented by yamome516 at 2005-08-30 16:24
そんなふうに言って頂けると大変うれしいですね!ありがとうございます。
Commented by pianix at 2005-08-30 18:12
「済んでいる」のではなくて「住んでいる」の大間違いでした。
駄洒落で周りの人たちを困惑させている私です。発音を聞いて頭で漢字変換しますよね。漢字の国の人特有の思考回路だと思います。駄洒落の場合、わざと変換間違いをさせるのですが、今回は確認しないでタイプしたのが原因でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ハマユウ(浜木綿) ミソハギ(禊萩) >>