ヤマネコノメソウ(山猫の目草)
 ヤマネコノメソウ(山猫の目草)は、日本・朝鮮・中国にかけて分布する、ユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草です。国内では、北海道から九州にかけて分布する在来種です。名の由来は、花後の裂開した果実が猫の瞳孔に似る事から。ヤマをつけてネコノメソウ(猫の目草)と区別します。

 ユキノシタ科(Saxifragaceae Juss. (1789))は、温帯から寒帯にかけて約17属500種があります。以前は約80属1200種が属する大きな科でしたが、近年に幾つかの科が分離され減少しました。ネコノメソウ属(Chrysosplenium L. (1753))は、世界に約55種、日本に14種が分布します。

 山地の林下に群生します。ネコノメソウと異なり走出枝はありません。花茎と葉柄には軟毛が散生します。茎葉は互生します。ネコノメソウは対生します。腎円形で長さ1~3cm。丸みを帯びた浅い鋸歯があります。花茎の先に花を付けます。萼は平開し、裂片4枚は黄緑色で基部が黄色がかります。花の径は5mm内外で、花弁はありません。雄しべは8個、あるいは4個で、葯の色は黄色です。

 果実は蒴果です。縦に裂けて開き、褐色で楕円形の種子を多数つけます。ネコの目のような形の皿に褐色の多数のゴマが乗っているように見えます。この種子は雨滴散布されます。花の後、花茎の基部に珠芽をつけます。秋頃に芽生えて根出葉で越冬します。染色体数は、2n=24。

参考:ニッコウネコノメ(日光猫目) ハナネコノメ(花猫の目) キバナハナネコノメ(黄花花猫の目)

Japanese common name : Yama-nekonome-sou
e0038990_1245252.jpg
Chrysosplenium japonicum (Maxim.) Makino

e0038990_12455111.jpge0038990_1246443.jpg
左:茎葉は腎円形で互生。全体的に軟質。 右:雄しべは8個か4個で、葯は黄色。 

e0038990_12462179.jpge0038990_12463795.jpg
左:果実は蒴果。2007.03.13 右:褐色で楕円形の種子が多数つく。2007.04.06

e0038990_12465398.jpge0038990_1247101.jpg
左:葉裏。茎には軟毛が散生する。 右:根

ヤマネコノメソウ(山猫の目草)
ユキノシタ科ネコノメソウ属
学名:Chrysosplenium japonicum (Maxim.) Makino
花期:3月~4月 多年草 草丈:10~20cm 花径:約5mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Chrysosplenium : chrysos(金の)+spleen(脾臓)/ネコノメソウ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Maxim.: Carl Johann Maximowicz (1827-1891)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)

撮影地:静岡県静岡市
千代山 2007.03.01~04.06
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 3 May 2007
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-05-03 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/5611396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mamemai at 2007-05-14 16:41
こんにちは♪
フラワーエッセンスのセラピストをしているmamemaiです。
フラワーエッセンスに使われているお花を調べていたらこのサイトに行き着きました。いろいろなお花が載っているのでリンクさせていただきました!これからも楽しみにしています☆では~。
Commented by pianix at 2007-05-16 20:44
mamemaiさん
こんにちは。セラピストなのですね。
リンクして頂きありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ニホンカナヘビ(日本金蛇) ハナイカダ(花筏) >>