タカサゴユリ(高砂百合)
 タカサゴユリ(高砂百合)は、ユリ科ユリ属の多年草です。原産地は、台湾です。日本では、東北の一部、本州関東以南、四国、九州、沖縄に帰化分布します。名の由来は、台湾の百合である事から。別名のホソバテッポウユリ(細葉鉄砲百合)は、テッポウユリに似るが葉が細い事から。中国名は、臺灣百合。

 ユリ科(Liliaceae Juss.)は、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ユリ属(Lilium L.)は北半球の亜熱帯から亜寒帯に約100種類が分布します。15種類が日本に自生し、内7種類(ヤマユリ、サクユリ、ササユリ、オトメユリ、イワトユリ、ウケユリ、タモトユリ)は日本特産種です。ユリ属は、1925年に4亜属に分類されました。テッポウユリ亜属、ヤマユリ亜属、カノコユリ亜属です。その他に、これらを掛け合わせた種間雑種があります。これらの花は筒状で横向きに咲きます。

 日当たりの良い空地等に自生します。鱗茎があり、50~150cmに茎を立ち上げます。葉は、線形で幅約1cm、長さ約15cmで多数つけます。花期は、7月から10月。ラッパ状の花を茎の上部につけます。花弁6枚で、長さ約15cm、直径約13cm。花冠内側は白色で、外側に紫褐色の筋模様があります。

 良く似た栽培種に、シンテッポウユリ(新鉄砲百合)Lilium x formolongo hort. があります。タカサゴユリとテッポウユリ(鉄砲百合)Lilium longiflorum Thunb. の交配種です。花被の外側に紫褐色の筋があるるのはタカサゴユリで、白色の場合はシンテッポウユリの可能性が高いと思われます。

☆  ☆  ☆

 河川敷のとある草藪の中で、百合が咲いていました。テッポウユリ(鉄砲百合)かと思いましたが、葉が細いのでタカサゴユリ(高砂百合)ですね。どこにでもある普通のユリとはいえ、うっそうとした藪の中で、ひときわ清楚な雰囲気を醸し出していたので見とれました。

Japanese common name : Takasago-yuri
e0038990_903178.jpg
Lilium formosanum A.Wallace

e0038990_15171699.jpge0038990_15172160.jpg
花冠外側に紫褐色の筋模様がある。花弁6枚、長さ約15cm。

e0038990_19454564.jpge0038990_17380055.jpg
左:葉は線形で多数つける 右:果実は蒴果で3室ある。

e0038990_14142166.jpge0038990_14142628.jpg
左:蒴果の裂開部分 右:薄い円盤状の翼を持った種子
e0038990_15223235.jpg
シンテッポウユリ(新鉄砲百合)
Lilium x formolongo hort.


タカサゴユリ(高砂百合)
別名:ホソバテッポウユリ(細葉鉄砲百合)/タイワンユリ(台湾百合)
ユリ科ユリ属
学名:Lilium formosanum A.Wallace
花期:7~10月 草丈:50~150cm 花径:10~15cm(長さ20~25cm)

e0038990_12135938.gif


【学名解説】
Lilium : li(白)+lium(花)/ユリ属
formosanum : formosanus(台湾の)
A.Wallace : Alexander Wallace (1829-1899)
---
テッポウユリ(鉄砲百合)
longiflorum : longi(長い形)+florus(花)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
---
シンテッポウユリ(新鉄砲百合)
x : 二種間交配種
formolongo : formosanum+longiflorus
hort. : hortulanorum = gardeners (命名規約に基づかない名前/裸名)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.75km 左岸河川敷 2005.08.15, 2005.08.18
賤機山 2017.09.01, 2017.11.17, 2017.11.23, 2017.12.01
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

20 August 2005, 24 November 2017
Last modified: 04 December 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-20 00:00 | | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/580190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from みどりの一期一会 at 2005-08-21 23:24
タイトル : タカサゴユリ・キンエノコロ・ニラの花etc〜雨あがりの朝
朝になって雨が止んでいたので、 長靴をはいて畑を見に行った。 途中あちこちに、タカサゴユリが咲き始めている。 種から育つ百合ということで、どこも大切に残してある。    あぜには「キンエノコロ」。ほら金色に輝いてるでしょ。 (フラッシュなし   :   フラッシュあり)    畑の通路にも、白い花がかたまって咲いている。 なんだろう、と近づいてみると、野生化したニラの花。 よく見ると、けっこうきれいだ。    スミレの種      ジュズダマの花    一夜明けた庭の花たち オシロイバナは朝にな...... more
Commented by みどり at 2005-08-21 23:23 x
はじめまして。
百合と青空のコントラストがとてもきれいですね。
わたしもタカサゴユリを撮って、アップしました。
TBさせていただきますので、よかったらご覧ください。
Commented by 齊藤 at 2005-08-22 15:10 x
みどりさん、こんにちは。
TBとコメントをありがとうございます。
早速、「みどりの一期一会」を拝見致しました。
盛りだくさんの写真に圧倒されました。
今後ともよろしくお願い致します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アサマイチモンジ(浅間一文字) オオカマキリ(大蟷螂・大螳螂) >>