ハナイカダ(花筏)
 ハナイカダ(花筏)は、ハナイカダ科ハナイカダ属の落葉低木です。中国、朝鮮半島と日本に分布します。国内では、北海道南部から本州・四国・九州に自生します。名の由来は、花や実を乗せた葉を筏に見立てたもの。中国名は、青莢葉(せいきょうよう・qīngjiáyè)。英名は、Japan helwingia。

 APG植物分類体系では、ハナイカダ科(Helwingiaceae Decaisne, 1836)として独立させています。ハナイカダ科はハナイカダ属(Helwingia Willdenow, 1806)のみがあり、世界に4種、日本には1種が分布します。クロンキスト及びエングラー体系では、ミズキ科(Cornaceae Bercht. & J. Presl, 1825)で、北半球の温帯から熱帯に約14属100種が分布します。

 樹高1~3mになる雌雄異株の低木で、上部で分枝します。樹皮は緑褐色で滑らか。葉は互生します。長さ4~13cm、幅2~7cmの卵型あるいは広楕円形で、鋸歯があり鋭尖頭、葉表は緑色で光沢があります。葉裏は灰緑色で両面共に無毛。葉柄は長さ5~13mm、托葉は長さ4~6mmで繊維質。葉の中央あたりまで主脈が太く、その脈上に花をつけます。この奇異な形状は、花序の軸が葉の主脈部分に癒合している為と考えられています。

 花期は4月から6月頃。雄株には数個の雄花が付き、花の径は3~4mmで淡緑色。花弁は3から4枚。花柱は退化。雌株は1つの雌花を付けるのが普通で稀に2~3個付くことがあります。花の径は4~5mmで淡緑色。花弁は僅かに反り返り、三角卵形で3から4枚。花柱は3裂。子房下位。果実は液果です。7~11mmの偏球形で、初めは緑色、8月以降に熟して紫黒色となります。種子は1~4個あり、長さ5~7mmです。染色体数は、2n=114。

Japanese common name : Hana-ikada
e0038990_11134289.jpg
Helwingia japonica (Thunb.) F.Dietr.

e0038990_11135522.jpge0038990_1114731.jpg
左:雌花 右:雄花

e0038990_11143871.jpge0038990_11145021.jpg
左:雄花に小さな虫が媒介する 右:全体

e0038990_11154661.jpge0038990_11155692.jpg

左:雌花拡大。花径は4~5mm 右:花後、花弁が脱落

e0038990_11164090.jpge0038990_11165277.jpg
果実は液果 2014.06.09
e0038990_11172275.jpg
果実は紫黒色に熟す 2015.06.30


ハナイカダ(花筏)
ハナイカダ科ハナイカダ属 (APG植物分類体系)
学名:Helwingia japonica (Thunb.) F.Dietr.
花期:4月~6月 落葉低木 樹高:1~2m 花径:約4mm 果期:8~10月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Helwingia : Georg Andreas Helwing (1668-1748)の名に因む/ハナイカダ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
F.Dietr. : Friedrich Gottlieb Dietrich (1768-1850)
※japonicaは、ジャポニカではなくヤポニカと発音します。

撮影地:静岡県静岡市
千代山(Sendai-yama Alt.226) 2007.04.26 - 2007.05.08
安倍城跡(Alt.435m) 2014.05.07, 2014.06.09, 2015.06.30
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

26 April 2007, 8 May 2007, 10 May 2014, 10 June 2014
Last modified: 16 July 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-04-26 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/6072827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヤマネコノメソウ(山猫の目草) ヒトリシズカ(一人静) >>