キンミズヒキ(金水引)
 今日8月31日は、私の短い夏休みの終わりの日です。ここ2日間は曇り空で雨が降りやすい天候となり、気温も低めに推移しています。秋の気配濃厚ですが、無線で他の地方の天候を聴いたら33度を超えるところもありました。野草撮影には少し暗すぎますが、これから出かけようとしています。

 昨年の秋、三角錐状の実を見つけました。これがキンミズヒキと分かるまでに時間がかかりました。実から花を同定するのは結構難しいですね。実には鉤状の棘があり衣服に取り付き運ばれます。

 実を見たからには花を見たいと思い、探し回りました。ようやく見つかり一安心です。花はミズヒキというよりオカトラノオに近い感じがします。私には、花より実のほうに興味があります。葉は互生し奇数羽状複葉で縁に鋸歯があります。乾燥させた全草を生薬の龍牙草(りゅうげそう)あるいは仙鶴草(せんかくそう)とし、止血剤あるいは下痢止めとして使われるそうです。

 中国名は、リュウゲソウ(龍牙草)。小型種のヒメキンミズヒキ(姫金水引)Agrimonia nipponica Koidz. もあります。

Japanese common name : Kin-mizuhiki
e0038990_11521325.jpg
Agrimonia pilosa Ledeb. var. japonica (Miq.) Nakai
e0038990_1539564.jpg

e0038990_19351452.jpg


キンミズヒキ(金水引)
バラ科キンミズヒキ属
学名:Agrimonia pilosa Ledeb. var. japonica (Miq.) Nakai
花期:7~10月 多年草 草丈:30~80cm 花径:6~11mm 実径:4mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Agrimonia : argemone(棘の多い)/キンミズヒキ属
pilosa : pilosus(軟毛がある・毛で被われた)
Ledeb. : Carl Friedrich von Ledebour (1785-1851)
var. : varietas(変種)
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)
Nakai : 中井猛之進 Takenoshin Nakai (1882-1952)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から25.50km 左岸土手 2005.08.26
安倍城跡(Alt. 435m) 2014.10.17
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

31 ugust 2005, 13 July 2015
Last modified: 13 September 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-31 00:00 | | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/725400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from SAMが出会った山の草花 at 2005-09-08 15:14
タイトル : 秋を告げるミズヒキ
山歩きをしているとお盆過ぎからミズヒキを見かけるようになります。 なぜミズヒキというのか考えたこともなく、これが道のあちこちに枝を伸ばしてくると、ああ秋になったなあと思うだけでした。 しかしこれは単に赤いのではなく白い花弁もあるそうです。 My tiny flower ...... more
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< イチモンジセセリ(一文字せせり... ツルボ(蔓穂) >>